大学向けソリューション

多くの国内大学から選ばれている
学生向けプリント管理のプラットフォーム

環境・資源・コストに配慮しながら、学生向けにプリンターや複合機による印刷環境を提供するためのプラットフォームです。

  • トータルコストの削減
  • トータルコストの削減

    印刷に関わるコストを見直してみませんか?

    京セラのプリント管理システムは、不慣れな学生によるミスプリントや印刷物の放置をなくすことで、無駄な印刷や廃棄物のコストを削減します。また、ECOSYSコンセプトに基づいた高耐久な製品により、消耗品のコストを徹底的に抑えることで、学生の印刷ニーズを満たしながらも低ランニングコストを実現します。更に、IoTを活用した故障予知と、消耗品が切れる前に自動配送する仕組みにより、機器の運用やメンテナンスに要していた人的リソースや工数も削減します。

    「なにかを削る」のではなく、「今のニーズを満たしながら無駄を減らす」京セラなら攻めのコスト削減ができます。

  • クラウド活用の加速

    京セラはカスタマイズなしでメジャークラウドとの連携が可能です。

    昨今、学習環境の一環として、クラウドストレージのライセンスを学生に供与する大学が増えています。しかしその一方で、学生は学校指定のサービスを利用せず、USBメモリーなどセキュリティーリスクのある手段でデータのやり取りをしているケースも少なくありません。この要因の多くは、クラウドストレージとプリント環境がシームレスに繋がっておらず、日常的に利用するには不便が多いことから、学生に敬遠されているという事情があります。
    京セラは早くからこの問題に気づき、クラウドとスムーズな連携ができるよう製品開発を進めてきました。当社の製品には、大学におけるクラウド活用を促進するための、仕組みがあります。

  • クラウド活用の加速 クラウド活用の加速
  • BYODに対応した印刷環境を構築
  • BYODに対応した印刷環境を構築

    BYODに標準対応だから、低コストで導入を実現

    コンピューター教室や自習室、ラーニングコモンズなどに設置されているPC。運用にあたっては様々な課題があります。例えばPCの台数が限られるため、学生が使えない場合も多いことです。またPCの購入やメンテナンスに関わるコストも莫大。そのような背景を受けて、多くの大学が取組みつつあるのが、 BYODの取組み。学生が所有するPCやスマートフォン、タブレットを、学内で利用できる環境構築です。ただBYOD導入にあたりネットワークやセキュリティに関しては整備が行われるのですが、大学にあるプリンター・複合機が使えず、学内での印刷が不便という課題が新たに顕在化してきています。京セラであれば、この課題も解決可能。BYODに対応した印刷環境の構築をスピーディに行い、学生の利便性を向上させることができます。