京セラドキュメントソリューションズの東京新ショールーム、新たなビジネスの価値を共創する新拠点 「ナレッジプラス」 をオープン

発表日 2019年10月03日

京セラドキュメントソリューションズジャパン 株式会社(社長:長井 孝)は、2019年10月1日に、新たなビジネスの価値を共創する新拠点「ナレッジプラス」を、東京本社(住所:港区虎ノ門)にオープンし開所式を行いました。

ビジネスの現場ではドキュメントの情報量が飛躍的に増大し、デジタル化が進んでおり弊社はこのような環境において、ドキュメントにかかわるプロとして、お客様が取り扱う情報を効率的に管理し、その情報を知識に変え、スピード感をもって業務改善をするお手伝いができるパートナーとなることを、私たちは目指しています。その一つとして、行動を具現化するために、新たなビジネスの価値を共創する新拠点として「ナレッジプラス」をオープンすると共に、変化が目に見える様、新しいブランディング活動を開始しました。 新しいブランドコンセプト、「Put knowledge to work = 知識を仕事に活かす」を体現する場として、京セラの知識、ビジネスパートナー様の知識、そしてお客様の知識を組み合わせ、新たなビジネスの価値を生み出す空間としました。

従来の複合機およびプリンターの展示や検証確認、ドキュメント管理ツールなどのソリューションの紹介を行うショールーム的なエリアに加え、セミナースペースを設けることにより、さまざまなイベントを通じ、お客様、パートナー様、そして京セラに新たな知識をプラスしていくことにより、ビジネスチャンスを広げていく場にしてまいります。 さらに、新しい取り組みとして、企業同士の交流イベントや、企業と学生の交流イベントなど新しい価値を創造するイベントを計画しています。新たな働き方の発見や、新規ビジネスの価値を創造する場を目指して、企業や学生だけではなく一般にも「ナレッジプラス」を活用できるように公開する予定です。

1aa.jpg私たちはこのナレッジプラスを通じ、更にお客様に必要とされ、信頼される長期的なパートナーとして、お客様が知識を仕事に活かし、可能性を最大限に引き出すことをお手伝いしていきます。

2.jpg

3.jpg

ナレッジプラスの詳細はこちら

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。