Kyocera Cloud Print and Scan

機能

プリント機能

  • いつでもどこでもプリント

    いつでもどこでもプリント

    プリンタードライバーを使わずにクラウド経由でどこでも同じ手順で簡単にプリントできます。
    社内の別フロアやサテライトオフィスなどで、Kyocera Cloud Print and Scanをパソコンにインストールしておけば複合機からスムーズにプリントできます。
    ※専用ドライバーのため、KXドライバーとの出力イメージに差が出る事がございます。
    ※印刷出力設定には制限がございます。カラー/モノクロ印刷、片面/両面印刷などシンプルな印刷出力設定の提供となります。

  • セキュアプリント

    セキュアプリント

    ICカードで個人認証してからプリントするので、プリント原稿の放置を防止し、情報漏洩のリスクを防ぎます。

  • 外部クラウドとの連携プリント

    クラウド連携プリント

    OneDrive™、Google Drive™、Box™といったメジャークラウドストレージとの連携に対応しています。これらのクラウドストレージのデータをダイレクトに複合機から印刷できます。
    ※記載の製品名は、各社の商標または登録商標です。

  • クラウドプリント管理

    クラウトプリント管理

    ネットワーク環境や複合機の設置場所の違いがあっても、クラウド上で管理をするのでそれらを意識することなく簡単に印刷枚数管理をすることができます。ユーザー、機器、グループといった必要な単位毎に集計が可能です。また、従業員が際限なく印刷することのないように、拠点に点在する複合機から出力される印刷枚数を、必要に応じて制限をかけることができます。 

スキャン機能

  • いつでもどこでもスキャン

    いつでもどこでもスキャン

    スキャナードライバーを使わずにクラウド経由でどこでも簡単にスキャンできます。 Kyocera Cloud Print and Scanを複合機にインストールしている環境であれば、どこでも同じ手順でスムーズにスキャンできます。

  • 外部クラウドへの連携スキャン

    クラウド連携スキャン

    OneDrive™、Google Drive™、Box™といったメジャークラウドストレージとの連携に対応しています。これらのクラウドストレージに複合機でスキャンしたデータをダイレクトに保存できます。
    ※記載の製品名は、各社の商標または登録商標です。

認証機能

  • 認証印刷

    プリント・スキャン認証

    ICカードをかざし個人認証してからプリントします。プリントの際はプリント原稿の放置を防止し、 情報漏洩のリスクを防ぎます。
    印刷時の放置プリントを防止することで、情報漏えいのリスクを軽減します。

  • 外部クラウドへ連携アクセス

    クラウドとの認証アクセス

    OneDrive™、Google Drive™、Box™といったメジャークラウドストレージへのアクセスは、Kyocera Cloud Print and ScanにID、パスワードの初期登録をしておけば、アクセスの都度ログインする必要がありません。
    ※記載の製品名は、各社の商標または登録商標です。

管理機能

  • クラウド上で印刷管理

    クラウド利用で印刷管理

    設置場所やネットワーク環境が異なる複合機の利用状況を、クラウド上で集計するので簡単に枚数管理ができます。
    ユーザー、機器、グループといった必要な単位毎にデータ集計が可能です。

  • 印刷枚数上限設定

    導入管理でセキュリティー向上

    従業員が際限なく印刷することのないように、複合機から出力される印刷枚数を制限をかけることができます。グループ単位で1ヶ月単位での総印刷枚数、カラー印刷枚数の上限を設定することができます。