• より多くのお客様の
    ビジネスに
    貢献するために

    ユーザビリティー&アクセシビリティー

  • メインビジュアルイメージ

製品事例

このページでは、私たちの製品の様々なアクセシビリティー事例を紹介しています。
また、「視覚」「聴覚」「身体機能」「認識・学習・言語」に関して特に配慮された事例について下記のマークを表示しています。

  • 視覚のアイコン

    視覚
    近視や遠視、色弱、弱視や全盲など多様な視覚状態のユーザーに配慮した事例にこのマークをつけています。
  • 聴覚のアイコン

    聴覚
    音が聞こえにくい、聞こえないユーザーに配慮した事例にこのマークをつけています。
  • 身体機能のアイコン

    身体機能
    ユーザーの体格差、上・下肢の障害、筋力差などに配慮した事例にこのマークをつけています。
  • 認知のアイコン

    認識・学習・言語
    機器の操作に慣れていないユーザー、複数の操作や文字による理解が困難なユーザーなどに配慮した事例にこのマークをつけています。
全ての人にアクセシビリティーを保障したものではなく、配慮されている事例に対してマークをつけています。
今後もより多くの人に便利にお使いいただけるよう、さらに工夫を重ねてまいります。

使いやすい操作パネル

ユニバーサルモード(タッチパネルの拡大表示)

ユニバーサルモード(タッチパネルの拡大表示)の画像

大きな文字とボタンを使ったシンプルな設定画面です。ほとんどの設定操作がテンキーのみで行なえるため、タッチパネルによる操作が難しいお客様も、簡単にお使いいただけます。また、主要な文字の高さは4.8mm以上にしています。

  • 視覚のアイコン
  • 身体機能のアイコン
  • 聴覚のアイコン

直感的な操作性

直感的な操作性※テンキーボタンがオプションの場合の画像
直感的な操作性
TOP画面のフリック操作、プレビュー画面のピンチ操作、必要な時に呼び出せるソフトウェアテンキーなど、スマートフォンやタブレット端末のような操作感で直感的に使用できます。
  • 視覚のアイコン
  • 操作パネルの角度調整

    操作パネルの角度調整の画像
    操作パネルの角度調整
    操作パネルを見やすい角度に調整することが可能です。車椅子を使用する方や低い身長の方も最適な角度で操作できます。設置環境による蛍光灯の映り込みによる見難さを解消することもできます。
    • 視覚のアイコン
    • 身体機能のアイコン
  • リモート操作

    リモート操作の画像
    リモート操作
    お手持ちのスマートフォンやタブレット端末から複合機を操作することができます。複合機の操作パネルを使わないので、離れた場所や座ったままの操作など、操作場所の自由度が広がります。
    • 視覚のアイコン
    • 身体機能のアイコン
  • 見やすいボタンの文字

    見やすいボタンの文字の画像
    見やすいボタンの文字
    背景を黒色、表示文字を白色にし、コントラストを強くしました。文字がくっきり見えるように配慮しています。
    • 視覚のアイコン
  • 凸形状の記号

    凸形状の記号の画像
    凸形状の記号
    スタートキー、ストップキー、テンキーの5には、凸形状の「・」「-」を設け触覚による識別が可能です。
    • 視覚のアイコン
  • 見やすい位置の操作パネル

    見やすい位置※1,050mmの操作パネルの画像
    見やすい位置の操作パネル
    操作パネルは車椅子を使用する方や低い身長の方も見やすく、使いやすい高さに配置しています。

    ※TASKalfa 6053ci / 5053ci / 4053ci / 3553ci / 3253ci / 2553ci / 6003i / 5003i / 4003i / 6052ci / 5052ci / 4052ci / 3252ci / 2552ci / 6002i / 5002i / 4002i

    • 身体機能のアイコン
  • 自動リセットの時間変更

    自動リセットの時間変更の画像
    自動リセットの時間変更
    自動リセットするまでの時間を変更したり、自動リセット機能を無効にすることができます。使う方に合わせて、ゆっくりと操作することができます。
    • 身体機能のアイコン
    • 認識・学習・言語のアイコン

セットしやすい給紙カセット

軽い操作

軽い操作の画像
軽い操作
給紙カセットは用紙が入っていても少ない力で開閉できます。さらに、半自動引き込みアシスト機構を搭載した給紙カセットは、最後まで押し込む必要がなく、スムーズな操作が可能です。用紙ガイドは片手で操作できるように軽い力で調整できます。
  • 身体機能のアイコン

グリップ式ハンドル

グリップ式ハンドルの画像
グリップ式ハンドル
給紙カセットのハンドルは、順手でも逆手でも操作が可能なグリップ方式を採用しました。操作しやすい姿勢で用紙交換の作業ができます。
  • 身体機能のアイコン

シンプル & スムーズなトナー交換

トナーコンテナ交換

トナーコンテナ交換ロック機能の画像
トナーコンテナ交換
ロック機能
空になったトナーコンテナのカバーが自動で開きます。間違いなく、簡単にトナーコンテナの交換作業ができます。
  • 認識・学習・言語のアイコン

色名記号表示

色名記号表示の画像
色名記号表示
色覚の違いに配慮し、トナーコンテナと本体挿入口に色名称の記号を記載しています。
  • 視覚のアイコン

見分けやすい操作箇所

見分けやすい配色

見分けやすい配色の画像
見分けやすい配色
操作パネルや各操作部位、操作ラベル等は、色覚の違いに配慮した配色により、周囲と見分けやすくなっています。
  • 視覚のアイコン

気づきやすいお知らせランプ

お知らせランプ

お知らせランプの画像
お知らせランプ
製品から離れたところでも、動作状況を視覚的に確認できるLEDを設けました。これによって用紙が切れた場合やトラブルが発生した場合に、聴覚障害の方も対応することができます。また、色覚の違いに配慮した配色のLEDを採用しています。
  • 視覚のアイコン
  • 聴覚のアイコン

開発コンセプト

より多くのお客様のビジネスに貢献するために。

ユーザー中心設計

私たちは、できる限り多くの人にとって使いやすいドキュメント機器やサービスを提供することでお客様のビジネスに貢献したいと考えています。
私たちは1人ひとりのお客様のことをより深く理解し、より良い製品とサービスを実現するために「ユーザー中心設計」による製品開発を行っています。「調査」「企画」「設計」「評価」のプロセスを繰り返すことによって課題を抽出。お客様が感じているちょっとした不満やお客様自身がまだ気づいていない課題も含め、様々な角度から改良を重ねていく商品開発アプローチです。
この活動を通じて、より多くのお客様に喜んでいただける商品づくりを推進してまいります。

  • 調査
    ドキュメント機器の使われ方や使用上の問題点に関する情報を、販売・市場サポートの現場、コールセンター、お客様調査から収集、分析。解決すべき課題とその優先順位を導きます。
  • 企画
    調査で得られた課題に対し企画者、デザイナー、技術者が協議して、商品のあるべき姿とそれを実現する方法を考えます。課題の内容に応じてさまざまな専門家が参画します。
  • 設計
    企画された商品を量産化するために、デザイナーや技術者などの開発メンバーが、協業で商品設計を行います。さらに、使いやすさに関するガイドラインやチェックリストに基づくレビューを行って完成度を高めていきます。
  • 評価
    シミュレーションや実機評価により、目標が達成されているか、あるいは新たな課題が発生していないかを検証。検証にはお客様や社内モニターも参加します。問題があれば前のプロセスに立ち返り再検討を行います。