KYOCERA Document Solutions

Read Me [お読みください]

  Windows95OSR2/98SE/ME/NT4.0/2000/XP/Svr2003対応
インストール方法デバイス設定Output to PDF機能白黒モード機能
  システム管理者の方へドライバーバージョンアップ履歴
 
 
Version KXドライバー Ver 4.2.1711
対象機種 FS-920/FS-1010
LS-1800/LS-3800
LS-1820/LS-3830N
LS-2000D/LS-3900DN
LS-6020/LS-6700S/LS-6800
LS-6820N
LS-6950DN
LS-9500DN/LS-9520DN/LS-9530DN
LS-C5016N/LS-C5030N
LS-8000C
LS-C8008N/LS-C8026N
LS-C8100DN
KM-1530/KM-1570/KM-2030/KM-2070
KM-1650/KM-2050/KM-2550
KM-2530/KM-2531/KM-3530/KM-3531/KM-4031
KM-3035/KM-4035/KM-5035
KM-4050/KM-5050
KM-4530/KM-5530
KM-6330/KM-7530
KM-6030/KM-8030
KM-C830/KM-C850/KM-C870
KM-C2630
KM-C2520/KM-C3225/KM-C3232
KM-C2525E/KM-C3225E/KM-C3232E/KM-C4035E
Generic Color / Generic Mono
動作環境 日本語 Windows95OSR2/98SE/ME/NT4.0/2000/XP/2003Svr
英語 Windows 98/ME/2000/XP/Svr2003

使用条件 このソフトウェアをダウンロードする前に、「使用許諾契約書」を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。
説明 KXドライバーは一つのドライバーで、複数の PDL (Page Description Languages);PCL 5e, PCL 5c, PCL XL, KPDL をサポートしています。(但し、PDLは対応機種による)
注意事項 「Genericドライバー」を使用される際は、以下についてご注意ください。
このプリンタードライバーは特定機種専用のドライバーではありません。
その為、A4機に対してA3サイズが選べてしまえる等の設定が可能になってしまいます。
ご了承の上、ご使用いただきますようお願い致します。
セキュリティー・ウォーターマークには対応しておりません。
Output to PDFに対応しておりません。
インストールするプリンタードライバーは機種の種別によって変化します。
条件にあった機種を選択し、インストールを行ってください。
モノクロ機の場合
 Kyocera Generic Mono KX
カラー機の場合
 Kyocera Generic Color KX
USB接続及びLPT接続時にはプラグ&プレイが起動してしまい、インストールすることができません。
※ネットワーク接続では問題ありません。

このページのトップへ

 インストール方法
【オートインストーラ】からのインストール
  1   ハードディスクに適当な名前のフォルダを新規に作成します。(例 C:\Driver)
  2   ダウンロードしたファイルを1で作成したフォルダにコピーします。
  3   2でコピーしたファイルを実行すると自動的に解凍が始まり、OSごとのフォルダの中に複数個のファイルとフォルダが作成されます。
  4   OSごとのフォルダ内にある Setup.exe をダブルクリックし、オートインストーラを起動します。
  5   表示されるメッセージに従って、インストール作業を進めてください。
 
【プリンターの追加】からのインストール(日本語環境のみ)
1 ハードディスクに適当な名前のフォルダを新規に作成します。(例 C:\Driver)
  2   ダウンロードしたファイルを1で作成したフォルダにコピーします。
  3   2でコピーしたファイルを実行すると自動的に解凍が始まり、複数個のファイルもしくはフォルダが作成されます。
  4   [スタート]ボタンをクリックし、[設定]をポイントします。次に [プリンター]をクリックします。
  5   [プリンターの追加]をダブルクリックします。
  6   表示されるメッセージに従って、インストール作業を進めてください。
  7   ライバーのファイルを要求されたとき、「ディスク使用」を選んで、「参照」から解凍したフォルダの「OEMSETUP.INF」を指定し、「開く」をクリックします。
  8   次に「OK」をクリックすると「プリンター」に Kyocera のモデル名一覧が現れますので、その中からインストールしたいモデルを指定し、「次へ」をクリックしてください。
(指定されたモデル名は色付きで表されます。)
  9   引き続きメッセージに従ってインストールを続けてください。
  10   途中で、「デジタル署名が見つかりませんでした…インストールを続行しますか?」と表示が出てきても「はい」をクリックしてドライバーのインストールを完了してください。
※詳しいインストール手順書は下記のPDFファイルを参照してください。
PDF 日本語版Windows用
(pdf/2,754KB)
PDF 英語版Windows用
(pdf/603KB)

このページのトップへ


 デバイス設定
プリンター/MFPの機能を最大限活用するためには、プリンター/MFP(デバイス)に装着されているオプションをプリンタードライバーに登録する必要があります。
登録は「デバイス設定」タブにて行います※1が、「自動設定」ボタンをクリックすることで自動的に登録(設定)※2 ※3することも可能です。詳しくは自動デバイス設定機能(PDF)をご覧下さい。
 
  ※1   詳細はインストール手順書をご覧下さい。
  ※2   この機能を利用するには、「コンポーネントインストール」(「KXドライバーインストール」後に表示)から「自動設定」をインストールする必要があります。
  ※3   ネットワーク接続されたプリンター/MFPのみ使用可能です。
PDF 自動デバイス設定機能
(pdf/591KB)

このページのトップへ

 Output to PDF機能
当機能では、PDF 形式の文書の作成や、PDF をPDL(Page Description Language : ページ記述言語) として印刷する機能に対応しました。PDF文書を作成する際、文書の開封パスワード付の暗号化PDF 文書も簡単に設定することができます。インストール方法、設定方法、使用方法はOutput to PDFユーザーマニュアルをご覧ください。
PDF Output to PDF機能
(pdf/310KB)

このページのトップへ

 白黒モード機能
カラーモードを白黒固定に設定し、カラー印刷を制限する機能に対応しました。 カラープリンターをご使用の企業などで、カラー印刷のみを禁止・制限したい場合に便利な機能です。
管理者があらかじめ白黒モードをチェックしておくことにより、そのドライバーからはカラー印刷ができなくなり、白黒印刷よりもコストがかかるカラー印刷を禁止する運用が可能になります。 設定は「デバイス設定」タブの「管理者設定」から行います。
詳しくは白黒モードユーザーマニュアルをご覧ください。
PDF 白黒モード機能
(pdf/185KB)

このページのトップへ

 システム管理者の方へ:(重要)
クライアント・サーバー環境(ネットワーク共有)で使用されているKXドライバーの削除・更新に関しては資料を用意しています。下記「クライアント・サーバー環境プリンタードライバーアップグレード方法」をご参照下さい。ドライバー・バージョン新旧混在環境で発生する問題を回避するために必ず正しい方法でアップデートを行ってください。
また、プリンター共有サーバーが複数ある場合、全てのバージョンを合わせて運用するようにしてください。
PDF 「クライアント・サーバー環境プリンタードライバーアップグレード方法」
(pdf/154KB)

このページのトップへ


【ドライバーバージョンアップ履歴】 Windows Vistaをご利用の方はこちら 
・バージョンとしては変更のない改訂(4.2.1711) 2007.7.13
【対応機種追加】
  KM-4050/KM-5050に対応しました。

このページのトップへ

・Version 4.1.2115→4.2.1711への変更内容 2007.6.13
【対応OS変更】
  Windows Vista専用ドライバー(Ver4.3.0405)を新たに追加いたしました。
Windows Vistaをご利用の場合、Vista専用ドライバーをご利用ください。
【対応機種追加】
  KM-C2525E/KM-C3225E/KM-C3232E/KM-C4035Eに対応しました。
【新規機能追加】
  Output to PDF機能
  PDFファイルを作成する機能をサポートしました。
  白黒モード機能
  カラーモードを印刷コストの安い白黒固定にする機能をサポートしました。
  ホットキー機能
  キーボードを使用して印刷設定を操作を可能にするホットキー機能をサポートしました。
  個別プロファイル機能
  ネットワークプリンターを使用しているクライアントでもプロファイル作成を可能にしました。
  【修正項目】
    印刷設定を開くとExplorer Errorが発生する現象を修正しました。
    GDIモードでExcelの色つきのセルに(網点)をかけて印刷すると異なる色で印刷される現象を修正しました。
    Visioの塗りつぶし図形に模様をつけると異なる色で印刷される現象を修正しました。
    PowerPoint2003の特定のファイルを印刷するとエラーが発生する場合がある件に対応しました。
    サードパーティー製の外字作成ツールで登録した外字が印刷されない現象に対応しました。
    互換設定(給紙方法の設定値)を変更しても考慮されない現象を修正しました。
    特定会計ソフト出力で罫線が異常に太くなる現象に対応しました。
    VellumCADにおいて、ドライバーの「画像を黒色」設定にしても、色付きの矢印などシンボル部が黒色印刷されない現象を修正しました。
    特定のPDFページをAdobeReader Ver.7 で印刷するとアプリケーションが強制終了する現象を修正しました。
    ポートの設定でホスト名を使用する場合、「ポート名」をホスト名と同じ名称にしないと「自動デバイス設定機能」が使用できない現象を修正しました。

このページのトップへ

・バージョンとしては変更のない改訂(4.1.2115) 2007.4.16
【対応機種追加】
  LS-C8100DNに対応しました。

このページのトップへ

・Version 4.1.1522→4.1.2115への変更内容 2007.1.30
【対応OS追加】
  Windows Vista(32bit版)に対応しました。
(Windows Vista(64bit版)は使用できません)
【対応機種追加】
  LS-9530DNに対応しました。
  【修正項目】
    KM-C2520/3225/3232 においてノーマルデスクをご使用の場合でも、フィニッシャを設定できるようになりました。

このページのトップへ

・Version 4.1.1522→4.1.1802への変更内容 2006.9.21
【対応機種追加】
  LS-2000D/LS-3900DNに対応しました。
  【修正項目】
    印刷設定条件によっては、以下現象が生じる場合があり、修正を行ないました。
    Office 2000で拡張メタファイル形式のカラーイメージがモノクロで出力される現象に対応しました。
    Windows Standard TCP/IP LPRポートでプリンター電源OFF時に印刷すると、再開後も印刷済みジョブがスプールに残る場合がある現象を修正しました。

このページのトップへ

・バージョンとしては変更のない改訂(4.1.1522) 2006.7.20
【対応機種追加】
  LS-C5030Nに対応しました。

このページのトップへ

・Version 4.1.1221→4.1.1522への変更内容 2006.5.27
【対応機種追加】
  LS-6950DN/KM-C2520/KM-C3225/KM-C3232に対応しました。
  【不具合修正】
    印刷設定条件によっては、以下不具合が生じる場合があり、修正を行ないました。
    削除済みウォーターマークを設定したExcelを印刷した際、ウォーターマーク「社外秘」が印刷される問題を修正しました。

このページのトップへ

・Version 3.1.1424→4.1.1221への変更内容 2006.1.13
【ユーザーインタフェース】
  従来のユーザーインタフェースを一新し、使い勝手を重視した「直感的にわかりやすい」ユーザーインタフェースを採用しました。これに伴い、簡易ユーザーインタフェース表示機能を廃止しました。
【対応機種追加・終了】
  KM-C870に対応しました。
  一部機種のサポート提供を終了しました。
  サポート提供を終了した機種は、KX4.1プリンタードライバーの「Generic Color / Mono」を選択することで引き続き使用することができます。
サポート提供を終了した機種
 FS-1000+/LS-800/LS-1700
 LS-3700/LS-6300/LS-6700
 LS-7000/LS-7700/LS-9000
 KM-4230/KM-5230/KM-6230A/KM-6230B
【新規対応機能】
  セキュリティー・ウォーターマーク印刷
  印刷物に地紋文字を埋め込む機能を追加しました。地紋文字を埋め込むことで、不正な複写による情報漏えいを抑止することが可能となります。

  複合機・プリンターのモデルや設定に依存するため、すべての機器での動作を保証するものではありません。
  ポスター印刷
  原稿を複数枚の用紙に分けて印刷し、ポスター大の印刷物を作成する機能をサポートしました。
  パターンスケーリング
  画面表示と印刷物との相違をなくす機能をサポートしました。
  カラーページカウンタ
  出力したカラーページを計る機能をサポートしました。
  Genericドライバー
  「汎用」を意味するドライバーです。
このドライバー1つで複数のモデルをサポートすることが可能です。
  【不具合修正】
    印刷設定条件によっては、以下不具合が生じる場合があり、修正を行ないました。
    用紙サイズ混在のPDFファイルの出力で白紙が出力される不具合を改修しました。
    キャノン「EDIカラー」からの出力でKPDLエラーが発生する場合がある不具合を修正しました。
    バーコードが全て塗りつぶされて印刷されてしまうことがある不具合を修正しました。
    特定バーコードフォントが印字されない不具合を修正しました。
    部分的にマスクされたJPEG Imageが全て印刷されてしまう不具合を修正しました。
    GDI互換モード設定Onでの出力時、強制終了されてしまう特定アプリに対応しました。

このページのトップへ

・Version 3.1.1424→3.1.1727への変更内容 2005.9.15
【対応機種追加】
  FS-920に対応しました。
    KM-6030/8030に対応しました。

このページのトップへ


MS、Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの登録商標です。
上記のソフトウエアアプリケ-ションは、各ソフトウエア会社の登録商標です。
その他、記載されている社名や製品名は、各社の登録商標もしくは商標です。




(c) 2019 KYOCERA Document Solutions Inc., KYOCERA Document Solutions Japan Inc.