LS-C5030N 仕様 本体仕様

ECOSYS LS-C5030Nの主な基本性能

プリント方式 電子写真方式
CPU PowerPC750FX(600MHz)
プリント速度 片面印刷時
24枚/分(A4)26枚(B5、A5、レター) 21枚/分(リーガル)
※手差しトレイから厚紙給紙が可能 厚紙:12枚/分(A4)
両面印刷時
24ページ/分(A4、B5、A5、レター) 20ページ/分(リーガル)
※2ページ=両面印刷1枚
ファーストプリントタイム 12秒以下(レディ時、A4) ※データ処理時間を除く
ウォームアップタイム 60秒以下(スリープ時)、80秒以下(電源投入時)
解像度 600dpi×9600dpi相当
消耗品コスト※1 カラー:7.55円/ページ モノクロ:0.8円/ページ
ページ記述言語※2 プリスクライブ
メインメモリ※3 標準:128MB(最大1024MBまで増設可能)DIMMスロット×2
エミュレートプリント IBM5577 F01/G01
NEC PC-PR201/65A
EPSON VP-1000(ESC/P24J-84)
PCL6(PCL5c/PCL-XL)
KPDL3(日本語ポストスクリプト3互換)
対応プロトコル TCP/IP、IPX/SPX、EtherTalk、NetBEUI
内蔵フォント 日本語:平成明朝体™W3、平成ゴシック体™W5(アウトライン・JIS第一/第二水準準拠)
欧文:アウトラインフォント80種類(KPDL:130種)、ビットマップフォント1種類
対応OS Windows2000/XP/Server2003/Vista/Server2008
Mac OS(8.x〜9.x)、Mac OS X(10.2〜)
インタフェース 高速双方向パラレル(IEEE1284準拠)×1
Hi-Speed USB2.0×1、 ネットワークインタフェース×1
オプションインタフェース×1
メモリカードスロット 1スロット(CompactFlash™) ※メモリカードへの書き込み機能搭載
紙サイズ カセット:A4、B5、A5、レター、リーガル(ユニバーサル)
手差し:70×148mm〜216×297mm
紙厚 本体カセット:60〜90g/m²
手差しトレイ:60〜200g/m²
給紙 カセット:500枚(75g/m²相当)×1
手差し:100枚(75g/m²相当)
※PF-60を3段装着することにより、2,100枚の連続給紙が可能
排紙 フェイスダウン(250枚)、フェイスアップ(100枚)
両面印刷機能 DU-301(オプション)の装着により両面印刷が可能
稼動時音圧レベル プリントモード:55db
レディモード:36db
スリープモード:測定限界以下
※ISO7779に準拠(バイスタンダ位置、放射音圧レベル)
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 最大時:1060W
プリントモード:503W
レディモード:126W
スリープモード:18W
外形寸法(W×D×H) 345×470×385mm
質量 本体:約25kg(消耗品含む)
バーコード生成機能 1次元バーコード(45種)、2次元コード(PDF417)
フォームオーバレイ機能※4 本体メモリに登録可能(メモリカードへの登録も可能)
環境適合ラベル グリーン購入法
国際エネルギースタープログラム
メディアタイプセレクション
RAM DISK SYSTEM※5
仮想メールボックス※6
消耗品※7 TK-511Y トナー(イエロー)18,000円 8,000ページ相当※8(廃棄トナーボトル付)
TK-511M トナー(マゼンタ)18,000円 8,000ページ相当※8 (廃棄トナーボトル付)
TK-511C トナー(シアン)18,000円 8,000ページ相当※8 (廃棄トナーボトル付)
TK-511K トナー(ブラック)12,800円(6,400円×2本) 8,000ページ相当※8 (廃棄トナーボトル付)
  • ※1 トナー価格より算出。A4判各色5%印字比率換算。保守、メンテナンス料金は含まれておりません(A4判 印字率5%データを連続印刷した際の目安です。実際のトナー交換頻度は、印刷原稿、プリント枚数、印刷環境、印刷条件などにより異なります)。
  • ※2 機種により対応するコマンドが一部異なります。
  • ※3 出力するデータの内容によってはメモリの増設が必要な場合があります。
  • ※4 フォーム数は、登録する個々のフォームの容量、プリンター本体のメモリ容量により異なります。
  • ※5 オプションのハードディスク装着時には使用できません。
  • ※6 オプションのハードディスクが必要です。
  • ※7 A4判各色5%印字比率換算。
  • ※8 プリンターへ最初に装着するトナーは、内部へトナーをいきわたらせるため、印字可能枚数は約半分になります。カウント数はA4判5%標準原稿を使用した場合の数値です。こちらはあくまでも目安となります。実際のトナー消費量は、お客様の印刷環境(気温・湿度・電源の頻繁な入切、品質維持の為の調整動作等)、印刷条件(用紙サイズ・用紙方向・厚紙印刷・印刷原稿等)により異なります。それにより、印刷開始時、印刷中にトナーを消費することもあり、印刷可能枚数は半分以下になる場合があります。