Read Me [お読みください]

日本語 PCL-Miniドライバー

Version : 1.0

対応機種:FS-C2026MFP / FS-C2126MFP
 
動作環境:日本語 Microsoft Windows Vista(32/64bit)
                 Microsoft Windows 7(32/64bit)
                 Microsoft Windows 8(32/64bit)
                 Microsoft Windows 8.1(32/64bit)
                 Microsoft Windows 10(32/64bit)
                 Microsoft Windows Server 2003(32/64bit)
                 Microsoft Windows Server 2008(32/64bit)
                 Microsoft Windows Server 2008R2
                 Microsoft Windows Server 2012
                 Microsoft Windows Server 2012 R2

使用条件:このソフトウェアをダウンロードする前に「使用許諾契約書」を必ずお読み
     ください。ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものと
     させていただきます。

------------------------------------------------------------------------------
プリンタードライバーインストール方法
------------------------------------------------------------------------------
○以下は、基本的な設定でローカル接続する場合のインストール方法について記述して
 います。詳細部分の設定については、ウィザードに従ってインストールしてください。

 1) プリンターの管理の権限を持つユーザーでログオンしてください。

 2) ダウンロードしたファイルを解凍してください。

 3) 以下の順番にクリックし、「プリンターの追加ウィザード」を起動してください。
    Windows Vista/Server2008の場合
     「スタート」ボタン→「コントロールパネル」→「プリンター」を開きます。
    Windows 7の場合
     「スタート」ボタン→「コントロールパネル」→「デバイスとプリンター」を開きます。

 4)「プリンター」ダイアログ ボックス内にある「プリンターの追加」を起動します。

 5) プリンターの接続状態を設定します。
   『ローカルプリンターを追加します(L)』を選択してください。

 6) プリンターの出力ポートを選択します。
    既存のポート一覧から選択し、『次へ(N)』をクリックし、8)へ進みます。
    もし、既存のポート一覧に出力ポートが存在しない場合、「新しいポートの作成(C)」「Standard TCP/IP Port」を選択し、
   『次へ(N)』をクリックしてください。

 7) プリンターの出力ポートをPCに作成します。
   「ホスト名またはIPアドレス(A)」にプリンターのホスト名またはIPアドレスを入力し、『次へ(N)』をクリックしてください。

 8) インストールする機種を選択します。
    『ディスク使用』をクリックし、「フロッピーからインストール」画面を表示してください。
    「製造元のファイルのコピー元(C)」に2)で解凍したフォルダー内の「oemsetup.inf」のパスを入力し、
    『OK』をクリックしてください。

 9) プリンター一覧にインストール可能な機種が表示されます。
    インストールする機種を選択し、『次へ(N)』をクリックしてください。

10) プリンター名を設定します。
   「プリンター名(P)」「通常使うプリンターに設定する(D)」を設定し、『次へ(N)』をクリックしてください。

11) プリンターのインストールを行っています。
    インストール途中、「続行にはあなたの許可が必要です」と表示されます。
  『続行』をクリックしてください。

12) プリンターが正しく追加されました。 
    以上でプリンター・ドライバーのインストールは終了です。

◆Windows 8の場合

 1) プリンターの管理の権限を持つユーザーでログオンしてください。

 2) 「インストールするフォルダ(D)」を任意の場所を指定して『OK(O)』をクリックしてください。(解凍場所例 c:\temp)
     指定した場所に自動的に解凍が始まります。

 3) 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「コントロール パネル」をクリックします。
     コントロール パネルが表示されます。「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「表示方法」が「カテゴリ」以外に
     設定されている場合は、「表示方法」の右側にある▼ボタンをクリックし、 表示されるメニューから「カテゴリ」をクリックして、
     表示方法を変更してください。

 4) 「ハードウェアとサウンド」→「デバイスとプリンタ」項目の「プリンターの追加」をクリックします。プリンターの追加が表示されます。

 5) 「探しているプリンターはこの一覧にはありません」をクリックしてください。

 6) 「ローカル プリンターまたはネットワークプリンターを手動設定で追加する」をクリックします。

 7) プリンター ポートを選択します。プリンター ポートは、追加するプリンターの接続方法に応じて選択してください。
     選択するポートが無い場合は、「新しいポートの作成」を選択し、「次へ」をクリックし、ウィザードに従ってポートを作成してください。

 8) 「ディスクを使用」をクリックします。2)で解凍したフォルダー内の「oemsetup.inf」ファイルを指定します。

 9) プリンター名を確認して、「次へ」をクリックします。

10) プリンター共有についての項目を選択して、「次へ」をクリックします。

11) プリンターの追加が完了します。 テストページを印刷する場合は、「テスト ページの印刷」をクリックします。
    「完了」をクリックし、設定を終了します。

注意事項/制限事項
 
1.プリンターのグループ機能やソート機能を使用して印刷するときは、アプリケーション
 の「印刷」ダイログ上では、「部単位で印刷」のチェックをしないことをお勧めしま
 す。アプリケーションによっては、正しく動作できない場合があります。
 
2.他のプリンタードライバーをインストールしている場合、正常に印刷できない場合があり
 ます。正常に印刷されない場合は、他のプリンタードライバーをアンインストール(削除)
 してから、もう一度印刷を実行してください。
 
3.印刷処置中にプリンターエラーが発生した場合は、印刷中のジョブを削除してから、
 プリンターの電源をOFF/ONした後、再度印刷を実行してください。
 
4.アプリケーションによってはアプリケーションの印刷のオプションからプリンタードラ
 イバのプロパティ画面が開かない場合があります。その場合はコントロールパネル内
 のプリンターのプロパティで設定を変更してください。
 
5.アプリケーションによっては画像やフォントの出力結果が画面と異なる場合がありま
 す。また、ドライバーのグラフィックス設定やフォント設定を変更することによって
 回避できる場合もあります。
 
6.1つのファイル中に異なった用紙サイズや異なった用紙方向が混在する場合、正しく
 出力しない場合があります。

7.プリンタープロパティにてデバイス設定が手動で変更されると“オプションの自動設定”が
  起動しなくなることがあります。 
  対策 : “オプションの自動設定”の初期化を行うためにドライバーを再インストールしてください。 

8.一部のアプリケーションでPCL Miniドライバーを使用した時、ユーザー定義の用紙サイズを選択すると
  初期設定値が使用されることがあります。 
  対策 : ユーザー定義サイズを使用したい時はプリントサーバーのプロパティにて用紙サイズを追加してください。 

9.“オプションの自動設定”にてオンボードNICのプリンターメモリの値を取得できないことがあります。 
   対策 : プリンタープロパティにて手動で値を設定してください。 

10.PCL Miniドライバーで、給紙方法を”自動選択”にすると、印刷時に用紙サイズが正しくない給紙元が
   選択されることがあります。 
   対策 : これはOSの制限事項です。印刷設定の給紙方法で希望の給紙元を選択するか、給紙方法に”自動”を選択してください。

このページのトップへ
(c) 2020 KYOCERA Document Solutions Inc., KYOCERA Document Solutions Japan Inc.