KYOCERA Document Solutions

Read Me [お読みください]

KM-Network FAX ドライバー

Version     :3.2.1501

対象機種    :KM-1650/2050/2531/2550/3035/3531/4031/4035/5035/C2630/C850/C870/C2520/C3225/C3232
                 C2525E/C3225E/C3232E/C4035E


概要        :このソフトウェアはNetwork FAX送信を行うためのドライバーです。この機器を利用
       するパソコンにはインストールが必要です。


使用条件    :このソフトウェアをダウンロードする前に、「使用許諾契約書」を必ずお読みください。
       ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。


【動作環境】
ハードウェア:IBM PC/AT互換パソコン
             Ethernet (100Base-TX,10Base-T)
オペレーティングシステム:
             Microsoft Windows NT4.0(SP5)
ソフトウェア動作環境:
             CPU: Pentium/133MHz 以上
             RAM: 64MB以上
             HDDの空き: 20MB以上

インストール方法:
 1) ダウンロードしたファイルを(例えばC:\Tempなど)指定して保存してください。
   解凍先フォルダを指定してOKをクリックするとファイルが自己解凍されますので解凍された
  「KMSetup.exe」を実行して下さい。
   
 2) セットアップウィザードが起動します。起動後、ウィザードに従って『次へ>』をクリック
   してください。
 
 3) デバイスモデルが表示されますので、インストールする機種を選択して『次へ>』をクリック
   してください。
  
 4) デバイス用へのコミュニケーションポートを選択して『次へ>』をクリックしてください。
    注)ポート選択時は、@LPT1 → ACOM → BKPrintの優先順で選択してください。
       @、Aのローカルポートを持たないPCにおいてBのKPrintポートを作成してください。
       KPrintポートの作成は、※を参照してください。 
    
 5) 3)で選択したデバイス名かあるいはデバイス名を設定し『次へ>』をクリックしてください。

 6) セットアップウィザードがインストレーションを開始します。ここで現在の設定項目を確認
    の上『次へ>』をクリックしてください。
    
 7) 別の機種もインストールする場合は『デバイスの追加』をクリックしてください。インストール
   しない場合は『終了』をクリックしてください。
   
 8) 以上でインストールは終了です。
 
 
 ※KPrintポートの作成:
 1) デバイスポートの選択画面で作成するポートを選択しKPrint Portを選択します。
    
 2) KPrintポートの追加ウィザードに従って『次へ>』をクリックしてください。
 
 3) "Rawモードでのプリント"を選択し『次へ>』をクリックしてください。
   
 4) "IPアドレスまたはホスト名"には Network FAXアドレスのIPアドレスを入力し『次へ>』を
    クリックしてください。
    注) Network FAX アドレスは、ホスト名を入力せず必ずIPアドレスを入力してください。
    
 5) "IPアドレスまたはホスト名"を確認した上で『完了』をクリックしてください。
 
 6) 以上でKPrintポートの作成は終了です。

--------------------------------------
【バージョンアップ履歴】

  ・Version 2.0.2116 → 3.2.1501 への変更内容 2007/6/13

【新機種追加】

 ・KM-C2525E/KM-C3225E/KM-C3232E/KM-C4035Eに対応しました。

【新規機能追加】

 ・Windows Vista(x86/x64)に対応しました。
 ・Network FAX Driverを共有できるようにしました。
 ・送付状編集機能を追加しました。

--------------------------------------

  ・Version 2.0.1901 → 2.0.2116 への変更内容 2006/5/27

【新機種追加】

 ・KM-C2520/KM-C3225/KM-C3232に対応しました。

【機能変更】

 ・送付状テンプレートの宛先欄に会社名を表示するようにレイアウトを変更しました。
    (日本語環境のみ対応)

--------------------------------------

  ・Version 2.0.0628 → 2.0.1901 への変更内容 2006/3/3

【新機種追加】

 ・KM-C870に対応しました。

--------------------------------------

  ・Version 2.0.0406 → 2.0.0628 への変更内容 2005/5/27
 
【新機種追加】

 ・KM-2550に対応しました。

【不具合修正】
 
 ・Version2.0.0406で、WindowsNTの制限ユーザーがFAX送信原稿保存を正常に行えない問題を修正しました。

--------------------------------------

  ・Version 1.2.1204 → 2.0.0406 への変更内容 2004/1/14
 
【新規対応】
 
 ・初期設定をドライバーごとに持たせるように修正しました。従来はドライバープロパティの
  「ファクス送信設定・・」で設定していた送信オプションやFAXのIPアドレス設定など、
  1PCに1つの設定であったものを各モデルのドライバーごとに複数設定ができるように修正
  しました。
  
 ・ネットワーク上に置いたファイルをネットワーク越しに参照できるように修正しました。
  (日本語環境のみ対応。Address Book for network FAX Ver1.2.1を共用してください。)

【新機種追加】

 ・KM-1650/2050に対応しました。

商標:
             - Windows, WindowsNT, およびWindows MEはMicrosoft Corporationの商標です。
             - IBM PC/AT はIBM(Intrernational Business Machine Corporation)の商標です。
             - Ethernet はXerox Corporation の商標です。
このページのトップへ
(c) 2019 KYOCERA Document Solutions Inc., KYOCERA Document Solutions Japan Inc.