電話番号 0570-046562

受付時間9:00~12:00/13:00~17:00(土日祝および当社指定休日を除く)

大学向けソリューション:学生の利便性の向上やコスト削減を実現!

ソリューション一覧

意外と大変!学生向けコピー・プリンター有料サービスの運用管理

こんな課題はありませんか?

  • コインベンダーの料金回収や釣銭補充に手間がかかる
  • 紙詰まり発生時などの返金対応が大変
  • 交通系ICカードの電子マネーのシステムを導入したいが敷居が高い

学生の学習のために、レポートや資料のプリントアウト環境を構築しているが、学生のプリントを無制限に許可しては、出力コストが莫大に。できれば課金の 仕組みを構築して、コスト削減を実現したいと考えているが、いざ導入するとなると、複雑な課金システムの構築や、運用が不安で、躊躇してしまう。

こういった課題を抱えている担当者も多いのではないでしょうか。

その課題、解決します!

コインベンダーなどの課金装置を導入せずにコピー・プリントを課金

この課題を解決できるのが、「TASKGUARD ID マネージメントシステム 」。学生ごとにプリントアウト可能な枚数を設定。設定した枚数を超えてプリントする場合は、クレジットをチャージして追加することができます。

また、課金や電子マネーなどの課金装置の管理が不要で、チケットを販売するだけの簡単運用を実現しています。学生はクレジット課金、教授や職員等は課金なしといった柔軟な運用も可能です。

TASKGUARD ID マネージメントシステムの特徴・仕様はこちら

複合機・プリンターを効率的に管理・運用しながら高セキュリティーとコスト削減を実現する、統合認証システムです。ドキュメントを出力する際に認証を行うことで、出力物の放置、混在、覗き見や盗難による情報漏えいを防止します。

パソコン教室で使われる学生のプリントアウト管理を強化!コスト削減にも貢献!

こんな課題はありませんか?

  • パソコン教室でのプリントアウト枚数が多い
  • カラープリントのコストがかさむ
  • 置きっぱなしで、放置されたプリントアウトが多い

学生の学習のために開放されているパソコン教室。レポートや資料のプリントアウトのために、毎日多くの印刷が行われています。ただ学生のプリントアウトを無制限にしてしまえば、コストが莫大に。さらにカラープリントの枚数が多ければ多いほど、コストは増加してしまいます。

またプリントアウト後に学生が取りに行くのを忘れたり、他のプリントアウト混じってしまったりで、放置された印刷物も大きな無駄。

こういった課題を抱えている担当者も多いのではないでしょうか。

その課題、解決します!

プリントアウトの枚数を簡単に管理!放置プリント防止にもなるICカード利用をした出力管理で、コスト削減!

この課題を解決できるのが、「TASKGUARD ID マネージメントシステム 」。学生ごとに年間でプリントアウト可能な枚数を設定。一人あたりのプリント枚数を減らすことが可能です。またカラープリントの枚数の上限を低く設定することも。

プリントアウトの方法は、プリンターや複合機にICカードをかざすと印刷が実行されるもの。そのため、放置プリントや印刷物が混じってしまうなどということも防げます。

ICカードは、専用のものを作るのではなく、学生に配布しているICカードを利用するため、学生が2枚持たなければならないといった手間もありません。

また、現在お持ちのプリンターや複合機は、そのままお使いいただけるため、機器の買い替えは不要です。

TASKGUARD ID マネージメントシステムの特徴・仕様はこちら

複合機・プリンターを効率的に管理・運用しながら高セキュリティーとコスト削減を実現する、統合認証システムです。ドキュメントを出力する際に認証を行うことで、出力物の放置、混在、覗き見や盗難による情報漏えいを防止します。

セキュリティの高いクラウドストレージでコスト削減!学生の利便性も向上!

こんな課題はありませんか?

  • ストレージの運用や容量増加などにかかるコストが高い
  • アップロードしたファイルが学内からしか見られず不便
  • セキュリティの問題でクラウドの導入に踏み切れない

スキャンしたノートや資料の保存、データの共有のために学生や教員、事務職員にストレージサービスを提供している大学も多いもの。ファイルの共有など、ストレージの利用は非常に便利で、すでに欠かせないツールの一つだと思います。反面、運用する側としては、ファイルサーバーの管理をしたり、容量を増やしたりなど、運用コストに莫大な費用がかかるといったデメリットも感じられているのではないでしょうか。

その課題、解決します!

容量無制限のクラウドストレージでコスト削減!学生は自宅で作成したレポートを学内で簡単にプリントアウト!

そんな課題を解決できるのが、「Box Connect」。クラウドストレージサービス「Box」と複合機を連携し利用することで、利便性をあげつつ、コスト削減を実現します。

気になるストレージの容量ですが、Boxは無制限。容量追加にコストがかかりません。またクラウドサービスで気になるのがセキュリティ。Boxは強固なセキュリティーと決め細やかな管理機能で、情報漏えいを防ぎます。そのため、セキュリティを重視する大学や企業でも導入が増えています。

さらにBox Connectでは、複合機でスキャンしたノートや資料を、Boxに簡単にアップロード可能。逆に、自宅で作成したレポートをBoxにアップロードし、大学構内でプリントアウトするということも簡単にできます。複合機と連携しているため、パソコンを起動させずに、複合機から直接、プリントアウトも可能。学生の利便性も格段に上がります。

Box Connect の特徴・仕様はこちら

クラウドサービス「Box」と京セラ複合機が連携しました。タッチパネル上で ログインし、スキャンしたデータをPCを使わずに直接「Box」上に保存できま す。また、クラウド上に保存されている書類を直接印刷することができます。

プリントアウト一枚あたりの単価を抑えて、コスト削減へ!

大量に出力される大学のプリンター。1枚あたりの単価が、大きくコスト削減に影響します。京セラ独自のECOSYSプリンターは、カラーも手軽に使える低ランニングコストのプリンター。独自の長寿命化技術を駆使し、トナーを補給するだけで使い続けることができる、経済性に優れた商品です。

写真: プリンター

さらに詳しく知りたい方は

担当者から話を聞く

大学向けのソリューションについて詳しくご紹介させていただきます。また資料請求なども受け付けておりますので、お問合せください。