TASKalfa 3050ci 特長 運用・セキュリティー

グループの出力頻度を考えて最適配置

A4モノクロがメイン、A3カラーが主体などワークグループごとに使う用紙、種類も様々。パワフルで大量出力可能なA3カラー複合機を中核にすえた最適配置で、高効率で低コストな出力環境を提供する「JDOS(京セラドキュメントソリューションズジャパンが提供するマネージドプリントサービス)」を実現します。

グループで使うから個人認証も確実に

個人認証イメージ図

ICカードを使った個人認証システムが、セキュアなドキュメント環境の構築に役立ちます。また、ユーザー登録時にログイン画面をカスタマイズし、アイコンなどでマイパネルが設定可能。自分専用画面で使うことができます。

Command Center RX

KYOCERA COMMAND CENTER

設定や管理をブラウザー経由で行うことはも ちろん、ユーザーBoxにアクセスして、データ の印刷、送信、ダウンロードなどの操作が可能 です。データリストの確認やサムネイルで確認、さらにプレビュー機能で画像イメージを確認する事ができます。

ICカード認証

ICカード認証 イメージ図

コピー/FAX/スキャンの各機能の利用権限をユーザーごとにICカードで管理。部門管理との連携により、入出力管理、集計が可能です。また、自分の文書ボックスのみが表示されるので、セキュリティー性も高まります。 ※オプション

機密文書ガード対応

セキュリティー強化のために、TASKalfa 3050ciに機密文書ガードキットを搭載。プリンタードライバーの設定でガードパターンを埋め込むことで、出力された文書をコピー、スキャン、またはFAXをしようとすると、動作を中止して、不正な複製を禁止。大切な情報の漏えいを防ぐことができます。
機密文書ガードオプション未搭載機でコピーした場合には地紋印刷が浮き上がり、警告します。 ※オプション、KXドライバーVer 5.0以上

機密文書ガード対応 イメージ図

セキュアプリントシステムTASKGUARD ID Printingとの連携に対応

ICカードを利用した個人認証プリントシステム、TASKGUARD ID Printingと連携することで、よりセキュアなプリント環境の構築が可能です。ICカード認証により、本人の書類だけを出力し、確実に自分の出力を手にすることができます。また、印刷ログの管理、スプール情報の閲覧、削除、自動削除、複合機の操作パネルを利用した印刷ジョブ制御ができます。

TASKGUARD ID Printing運用 イメージ図

HDD残存データの流出を防止。Data Security Kit(E)

Date Security Kit(E) イメージ図

ハードディスク自動上書き機能により、ハードディスク内に残ったコピー/スキャン/プリンタージョブのテンポラリデータを自動的に上書き削除します。削除方法は「1回上書き」と「3回上書き」が利用状況に応じて選択できます。 ※オプション

FASEC1に適合

FASEC1ロゴ

重要な書類をFAX送信する際、セキュリティーは重要です。宛先の2度入力、受信FAXの放置防止といったビジネス向けのFAXセキュリティーガイドラインである、FASEC1に適合しています。

ネットワークセキュリティーを強化

ネットワークセキュリティーを強化 イメージ図

ネットワークに接続し、安心してネットワークプリンター/スキャナーをフルに活用していただくために、標準でSSL、IPv6、IPsecに対応しています。またスキャンしたPDFを暗号化することも標準で対応。スキャン時にパスワードを設定することで、不用意な閲覧を防ぎます。PDFの文書編集/印刷の機能制限も設定可能。よりセキュアな文書管理ができます。

ネットワーク認証

ネットワーク認証 イメージ図

Windows系PC(Windows 2000/XP/Server 2003)で採用されているネットワーク認証方式であるKerberos認証、NTLM認証をサポートしています。これによりWindowsのネットワーク認証でユーザーを管理しているオフィスなどは、導入した複合機に個別のユーザー登録をする必要がなくなります。

文書ボックスもセキュリテイ強化

文書ボックスもセキュリテイ強化 イメージ図

HDDのセキュリティーを強化。ユーザーボックスへのアクセスはもちろん、プリント出力時に操作パネルでパスワードを入力することで出力が始まるプライベートプリントなど、蓄積文書から出力までしっかりとガードします。

セキュリティーウォーターマーク

セキュリティーウォーターマーク イメージ図

プリントする文書にコピーすると浮き出る地紋を埋め込むことができます。普通紙に印刷できるので不正コピー防止用の専用紙が不要になります。

(C)2014 KYOCERA Document Solutions Inc.,KYOCERA Document Solutions Japan Inc.