会社案内 > CSR活動 > 玉城工場(三重) > 環境保全活動

環境保全活動

温室効果ガスの削減をはじめ、資源の有効利用など、「社会との共生」「世界との共生」「自然との共生」(LIVING TOGETHER)を実践するため、積極的に環境保全活動に取り組んでいます。

ピーク電力・CO2排出量の削減

2015〜2017年度の3年間で第1工場の主要なエリアを、1986年に設置した集中式空調方式から効率が大きく向上した個別空調方式に更新し、2018年度は、2014年度と比較して、年間約120,000kWhの省エネを図りました。
また、地球温暖化防止のためのCO2の排出抑制を目的として、2019年6月、新たに工場建屋の屋根に2,814枚の太陽光パネルを設置しました。
この太陽光発電設備は、一般家庭約184世帯に相当する電力を創るとともに、年間約412トンのCO2削減に寄与しています。

個別空調システム
個別空調システム
個別空調システム
個別空調システム
屋上に設置された太陽光発電システム
屋上に設置された太陽光発電システム
屋上に設置された太陽光発電システム

廃棄トナーの再資源化

再資源化される廃棄トナーの保管場所
再資源化される廃棄トナーの保管場所

工場の生産量拡大に伴い、産業廃棄物は年々増加傾向にありますが、毎年削減目標を掲げて産業廃棄物を削減してきました。2012年度から取り組んでいる廃棄トナー(製造時に発生する製品化できないトナー)の再利用については、再資源化率を80%以上まで向上させることができました。また、廃プラスチックについても、分別を徹底することで、80%以上がプラスチック原料として再資源化できるようになりました。

TOPICS

「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

授与式
授与式

当工場は2019年に、環境省が実施する「令和元年度 地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞しました。この賞は、環境省が地球温暖化対策を推進するための一環として、平成10 年から実施しており、地球温暖化の防止に顕著な功績のあった個人や団体をたたえるもので、長年にわたる地球温暖化防止活動を評価していただきました。直近の活動成果としては、新たに工場に設置した太陽光発電システムにより、一般家庭約184世帯に相当する電力を
創るとともに、年間約412トンのCO2排出量を削減しています。
また、工場内で稼働する空調の個別管理や照明のLED化、エネルギー効率に優れた装置・設備の導入などによりCO2排出量の削減
も実現しました。その他、社員が近隣の小学校を訪問し、環境出
前授業を実施することで温暖化防止の意識を育てる活動など、地
域に根ざした環境貢献活動を継続しています。