会社案内 > CSR活動 > 枚方工場(大阪) > 社員とともに

社員とともに

労働安全衛生の取り組み

当工場は、安全な職場づくりを最重要課題として取り組んでいます。
現在、「無災害継続記録5,016日継続中(2020年3月31日時点)」であり、今後も緊張感を持って取り組むことにより、「無災害継続記録6,100日(無災害記録 第3類)」を目指しています。
各部門では毎月1回職場パトロールを行い、安全衛生面での指摘事項を挙げ、是正処置を実施しています。また、グループ内で発生した労働災害に対して水平展開を行い、労働災害を未然に防ぐ取り組みを推進しています。
2019年6月には、外部講師を招いてフォークリフトの安全運転講習会を行い、事故事例と順守事項、始業前点検、模擬運転など、フォークリフトにおける安全作業のあり方を再認識し、初心に立ち返って「安全第一」の作業を行っています。

無災害記録証 第四類
無災害記録証 第四類
フォークリフト安全運転講習会
フォークリフト安全運転講習会

健康経営実現の取り組み

当工場は、2018年4月1日に「ひらかた健康優良企業」に登録し、「禁煙セミナー」や「食生活改善セミナー」、「肩こり・腰痛改善プログラム」などを積極的に実施しています。社員への健康投資を行い、健康経営を実現することは、社員の活力向上や生産性向上など組織全体の活性化をもたらすとともに、企業の業績向上やイメージアップにつながると期待されています。

ひらかた健康優良企業:枚方市が主催する、社員の健康づくりに取り組む企業を募集し応援する制度

枚方市保健所の保健師による禁煙セミナー
枚方市保健所の保健師による禁煙セミナー
肩こり・腰痛 改善プログラム
肩こり・腰痛 改善プログラム

防災への取り組み

当工場は、南海トラフ巨大地震発生予想地域における防災対策推進地域にも指定されています。このため防災対策には以前から取り組んでおり、有事における被害を最小限にとどめるために、自衛消防隊を主体に防災活動および訓練を毎年秋に実施しています。防火防災訓練では、緊急地震時における初動訓練や避難訓練・初期消火訓練、レスキューキットを用いた救出訓練や、けが人発生時の救護訓練なども実施しています。その他の取り組みとして、枚方寝屋川消防組合から講師の方を招き、屋外消火栓を使用した消火訓練、救護訓練、AEDによる救命など、より具体的な訓練を実施しました。また、新たな試みとして、工場で働く全社員に煙体験ハウスを体験してもらいました。枚方寝屋川消防組合の代表の方からは、「皆さんにとって、安全が最優先となります。各個人、各組織で防災力、災害対応力を高めると同時に被害状況、災害状況の正確な情報共有化に努めて下さい。」との講評をいただきました。
また、交代勤務者を対象とした夜間防災訓練も年1回実施しています。この夜間防災訓練は、夜間・休日の有事発生時に、一人ひとりが確実な行動と役割を認識し、被害の拡大防止行動をとることを目的として実施しています。

屋外消火栓訓練
屋外消火栓訓練
救護訓練
救護訓練
煙体験ハウス
煙体験ハウス
夜間防災訓練
夜間防災訓練
AED訓練
AED訓練
訓練を終えての講評
訓練を終えての講評

構内通路での安全確保の取り組み

構内屋外通路における歩行者と車両の通行帯を色で区別することにより「グリーンベルト」として歩行者優先レーンを確保するための取り組みを行いました。これにより、社員はもちろん、来場者においても通行区分が明確となりました。また輸送用大型トラックの待機場所を確保するために道路拡張工事を実施し、構内通行の安全確保に大きく寄与することができました。

構内通路での安全確保の取り組み
拡張前の道路 拡張後の道路