京セラドキュメントソリューションズ、米国リサーチ&アドバイザリ企業ガートナー社のコンテンツサービス・プラットフォームのマジック・クアドラントで初めて位置づけられる

発表日 2020年12月21日

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:伊奈 憲彦、以下:当社)は、米国リサーチ&アドバイザリ企業ガートナー社が発行した、コンテンツサービス・プラットフォーム(CSP)分野のマジック・クアドラント・レポート※1で初めて位置付けられました。

ガートナー社によると、「マジック・クアドラントは特定の市場におけるリサーチの集大成であり、その市場で競合している各社の相対的な位置付けを広い視野で捉えることができます※2。」各企業のビジョンの完全性と、実行能力を基に評価するものです。今回のコンテンツサービス・プラットフォーム(CSP)分野のマジック・クアドラント・レポートは11月16日に公開され、当社はニッチ・プレイヤーの1社に認識されました。

レポートには、「コンテンツサービス・プラットフォーム (CSP) について、ガートナー社は、組織におけるコンテンツの管理と利用のための基盤コンポーネントとして定義しています。CSPは、社員がデバイスや組織の枠を越えて、最新のシームレスな方法でコンテンツを取得し、操作するための手段を提供します※1。」と述べられています。

京セラドキュメントソリューションズグループでは、CSP分野において、ドキュメントの電子化、一元保管、ワークフローの自動化、コラボレーション、記録管理などの機能を有するECMソリューション※3を提供し、業種にかかわらず請求書、納品書、注文書、支払証明、銀行口座情報、電子メール、画像、音声ファイルなど、さまざまなコンテンツの活用を可能とすることで、お客さまの業務のデジタル化をサポートしてまいりました。お客さまのデジタルトランスフォメーションを実現するため、コンテンツサービスを強化してきており、この取り組みの一環として、2015年よりドイツ、フランス、アメリカなどのECMやCSPプロバイダーをグループ会社として新しく迎え入れ、多様なニーズに対応できる先端技術の結集を図っています。

当社のマーケティング本部長の小山圭介は、「お客さまのそれぞれの課題に対応するソリューションを提案することで、あらゆる企業規模・業種のお客さまが、コンテンツサービスを利用しやすくすることを私たちは目指しています。ガートナー社のCSPのマジック・クアドラントにおいて評価いただいたことは光栄です。今後も、お客さまが知識を仕事で活かすサポートが提供できるよう、コンテンツサービスの強化に努めていきます。」と述べています。

当社は、今回のCSPのマジック・クアドラントにおいてニッチ・プレイヤーの1社として位置づけられたことを機に、お客さまの業務のデジタル化と生産性向上に役立つソリューションの提供を行い業務改革に貢献いたします。

    • ※1出典:Gartner, Magic Quadrant for Content Services Platforms, Michael Woodbridge et al., 16 November 2020
    • ※2出典:Gartner Research Methodologies, Magic Quadrant https://www.gartner.com/jp/research/methodologies/magic-quadrants-research
    • ※3ECMとは、エンタープライズ・コンテンツ・マネジメントの略で、企業で扱うデータの統合、効率的管理、ワークフローの自動化を実現するソリューションの総称です。

  • ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

報道関係のお問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。