「JP2020・ICTと印刷展」でインクジェットプロダクションプリンターの新モデルを発表

発表日 2020年11月09日

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(社長:長井 孝、以下、当社)は、インクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」の新ラインアップとして、大容量インクコンテナを搭載した「TASKalfa Pro 15000c Type-L」の販売を12月初旬より開始いたします。本製品は、インクコンテナの大容量化を図り、稼働効率を大幅に向上させ、印刷ビジネスの事業拡大に貢献する製品です。毎分150枚(A4サイズ)の高速印刷を誇り、大容量インクコンテナとの連動により一時間ノンストップで9,000枚の連続印刷が可能です。商業用印刷市場の中でも需要の高い、小ロット多品種出力のデジタル印刷用途に求められている生産性、耐久性に加えランニングコストの削減、製品ラインアップの拡充によりさらなる価値を提供いたします。

また、本製品を2020年11月19 日(木)よりインテックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「JP2020・ICTと印刷展」に出展いたします。

2_final.jpg

「JP2020・ICTと印刷展」の概要

会 期:2020 年11月19日 (木)午前10時~午後5時 / 20日 (金)午前9時30分~午後4時
会 場:インテックス大阪5号館(大阪市住之江区)ブースNo: 5-64
Webサイト:http://jp-ten.jp/

報道関係のお問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。