企業で働く社員と運用するマネージメントに向けた、「企業と社員のためのテレワーク導入ガイド」提供のお知らせ

発表日 2020年04月28日

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:伊奈 憲彦)は、コロナウイルスの感染拡大への対応として、多くの企業がテレワークを急遽導入せざるを得ない状況となっている中、テレワークにおける課題と解決のヒントとなる「企業と社員のためのテレワーク導入ガイド」を制作し提供することをお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの企業でテレワークが導入されています。急な環境の変化に苦労されている方も多いのではないでしょうか。テレワークの利用が増加するにつれて、セキュリティーの脆弱性に関する潜在的なリスクも高まります。企業は、社員に対して、安全に業務を遂行するために必要なツールやサポート、さらには制度や方針を提供する必要があります。また、戦略計画、損益計算書などの情報が仕事に関係ない第三者に見られてしまうことは、社員と企業、ステークホルダー間の重要な機密保持契約に違反することになります。最低限のネットワークセキュリティーを維持するために企業として必要なことや、自宅で押さえておきたいポイントをご紹介しています。

私たちは、企業とそこで働く皆さんにお役立ていただければと思い、テレワークの課題や解決となるヒントをまとめたガイドラインを作成いたしました。テレワークのメリットを最大限に生かし、デジタル化の推進や組織の変革を考えるきっかけにしていただければ幸いです。

一日も早く新型コロナウイルスの感染拡大が終息し、復興に向けた活動が進展することを願い、当社としてできる支援に一つひとつ取り組んでまいります。

1.jpg

■企業と社員のためのテレワーク導入ガイド

https://www.kyoceradocumentsolutions.co.jp/solution/telework/

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。