京セラドキュメントソリューションズジャパン東京本社に、新たなビジネスの価値を創造する新拠点 「ナレッジプラス」 をオープン

発表日 2019年08月08日

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(社長:長井 孝)は、2019年10月1日に、新たなビジネスの価値を創造する新拠点「ナレッジプラス」を、東京本社(住所:港区虎ノ門)にオープンいたします。

「ナレッジプラス」は、京セラの知識、お客様の知識、そしてビジネスパートナーの知識を組み合わせ、新たなビジネスの価値を共創する場です。お客様が持つ知識は、メーカーの視点だけでは持ち得ないものであり、よりよい商品・サービスを生み出す源泉でもあります。私たちは、パートナー企業はもちろん、お客様も価値を創造するパートナーであると考え、共にイノベーションを起こします。

「ナレッジプラス」は、京セラドキュメントソリューションズの複合機およびプリンターの展示や、ドキュメント管理ツールなどのソリューションの紹介を行うエリアに加えて、セミナースペースを有しています。セミナースペースにおいては、従来のドキュメントソリューションに関する情報配信に留まらず、社会的に重要なテーマに関するイベントも開催し、お客様へ新たな知識をプラスしていただける情報を配信します。 新しい取り組みとしては、企業同士の交流イベントや、企業と学生の交流イベントなど新しい価値を創造するイベントを計画しています。新たな働き方の発見や、新規ビジネスの価値を創造する場を目指して、企業や学生だけではなく一般にも「ナレッジプラス」を活用できるように公開する予定です。

私たちは、これまでの事業で培った知見を活かし、お客様のあらゆる業務を支援していきます。お客様に必要とされ、信頼される長期的なパートナーとして、私たちはお客様が知識を仕事に活かし、可能性を最大限に引き出すことをお手伝いします。

 ナレッジプラスの詳細はこちら→ https://www.kyoceradocumentsolutions.co.jp/show/

0808f.jpg

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。