ニュースリリース > 2013年 > グローバルCRMにIBMのクラウド・サービス「IBM SCE+」を採用

ニュースリリース

グローバルCRMにIBMのクラウド・サービス「IBM SCE+」を採用
〜グローバル統一システムで販売支援業務の一元管理を実現し、さらなるビジネス拡大を目指す〜

発表日:2013年08月09日

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:駒口 克己)は、グローバルで統一したCRM※1システムである「FOCUS(フォーカス)※2」の構築に、日本IBM(社長:マーティン・イェッター、NYSE:IBM)のクラウド・サービス「IBM SmarterCloud Enterprise+(IBM SCE+)」を日本企業として初めてグローバルに採用し、本年8月より本格稼働を開始したことをお知らせいたします。

ビジネスにおけるドキュメント環境が大きく変化する中、当社は様々なビジネスアプリケーションや最適なドキュメント環境のご提案を組み合わせ、お客様を継続的にサポートするトータルドキュメントソリューションの提供をグローバルに展開中です。

「FOCUS」とは、顧客管理、販売管理、予測管理、商談管理、マーケティングなどの業務を行うグローバルで統一したCRMシステムです。FOCUSの導入により、これまで国ごとに行っていた顧客管理などの業務を、統一されたガバナンスのもとで一元管理できるようになり、迅速かつ最適な顧客対応を実現できるうえ、マネジメントの精度も向上します。

このFOCUSシステムには、IBMのマネージド・クラウド・サービスである「IBM SmarterCloud Enterprise+(IBM SCE+)」を採用し、アメリカ、ドイツにあるSCE+向けのクラウドデータセンターと、日本国内の既存データセンターを連携して活用します。IBM SCE+は、クラウド環境とそのサービス管理やセキュリティー機能を提供し、企業の基幹系システムにも対応できるクラウド・サービスです。

このたびのIBMクラウド・サービス採用に当たり、当社の取締役 常務執行役員 事業戦略本部長、森田隆三は「当社のビジネスをさらに成長させるためには、グローバルで統一されたオペレーションによる生産性向上や販売強化が重要です。当社の製品やサービスをお使いいただいている世界中のお客様に、さらに質の高いサービスを提供していくためには、このIBMクラウド・サービスの採用は正しかったことを実感しています。」と述べています。

当社は、FOCUSを活用し、販売支援業務における生産性を向上することで、ビジネスを拡大させてまいります。



※1 Customer Relationship Management
※2 京セラドキュメントソリューションズが考える「For Customer Satisfaction」を意図して名付けられた、当社独自のCRMシステムです。


日本アイ・ビー・エム株式会社についてはこちらをご覧ください。

* IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。


お問い合せ先
報道機関の方

このページのトップへ

ニュースリリース > 2013年 > グローバルCRMにIBMのクラウド・サービス「IBM SCE+」を採用