会社案内 > CSR活動 > 環境報告 > 製品のライフサイクル各段階での取り組み > 製品使用時―製品の環境負荷評価

製品使用時―製品の環境負荷評価

京セラドキュメントソリューションズでは、製品が環境に与える負荷を製品のライフサイクル全体で把握し、低減させていくため、全製品のライフサイクルアセスメント(LCA)を実施しています。

LCAとは

LCAとは、製品やサービスを、資源の採取から製造、輸送、使用、廃棄・リサイクルの各ステージで使われた資源やエネルギー、排出物の量を数値で表し、環境に与える負荷を「見える化」する手法のことです。 温暖化や資源枯渇といった環境影響度の「見える化」によって、事業における環境負荷低減活動の計画や成果を客観的に評価できます。 LCAは国際標準化機構(ISO)において、算出方法はISO14040とISO14044で、公開方法はISO14025で規定されています。 当社は、ISO規格に基づくLCA手法を用いたタイプIII環境ラベルとして国内唯一の「エコリーフ環境ラベル」を取得しています。 LCAを実施するためのデータ集積システムを構築し、エコリーフのシステム認証を取得したことにより、製品のLCAの継続的な実施や、エコリーフ環境ラベルのタイムリーな公開が可能となりました。

● ライフサイクルステージ

ライフサイクルステージの概念図

LCAにより期待される効果

LCAの実施によって、以下のような効果があります。

  1. 1効果を数値で表せるため、複数の環境対策から最適な技術を選択できる。
  2. 2ライフサイクルのステージごとに環境影響度が「見える化」できるため、環境負荷の低減効果の高い項目が評価できる。
  3. 3ライフサイクルのステージごとの環境影響度が分かるため、ひとつの問題からもたらされる新たな環境負荷や、他のステージへの波及・移行を防止できる。
  4. 4環境負荷に対する対策・効果を数値で表せるため、科学的・客観的な環境政策のための意思決定の根拠が得られる。
  5. 5製品の販売を開始するステージでLCAデータをWeb上で公開できるため、環境情報をタイムリーに提供、公開できる。

LCAにおける各ライフステージの環境負荷削減の取り組み

環境負荷の削減事例を、当社最新の複合機を例に説明します。新製品のカラーA3複合機「TASKalfa 4053ci」と、ほぼ同スペックの従来機「TASKalfa 4052ci」とをくらべてみました。

対象機種の仕様

項 目 TASKalfa 4053ci TASKalfa 4052ci
新製品 従来機
印字速度(枚/分) Mono 40/Color 40 Mono 40/Color 40
製品重量(kg) 95 95
生涯印字枚数(枚) Mono 480,000/Color 480,000 Mono 480,000/Color 480,000
発売日 2019年1月 2016年7月

● 評価事例

評価事例

評価結果

新製品「TASKalfa 4053ci」は従来機の「TASKalfa 4052ci」にくらべ、ライフサイクル全体で17%の温暖化負荷を削減しています。製品の温暖化負荷は、素材製造、待機時や稼働時の使用電力とトナーなどの消耗品が大半を占めていることが分かります。
当社は、それらのライフステージにおいて温暖化負荷を削減するためにさまざまな取り組みを行っています。TASKalfa 4053ciでは、包装材料の削減により、素材製造のステージについて6%、使用のステージのうち消耗品関連について45%の温暖化負荷をそれぞれ削減することができました。

技術者向け環境教育

環境配慮製品の設計を進めるためには、なぜ環境配慮設計が必要なのかを十分理解した上で設計をしなければなりません。
技術部門の若手技術者に対しては、社内における化学物質管理の体制や3R、各国の環境ラベル、LCAの概要について教育を行うとともに、機種開発担当者に対しては、より実務に即した内容の教育(各国の環境ラベルおよび要求事項、環境配慮設計基準、LCAの算出方法など)を行っています。

3R:Reduce (削減)・Reuse(再使用)・Recycle(再資源化)

若手技術者に対する主な教育内容

  • 京セラドキュメントソリューションズ社内の化学物質管理体制
  • 3Rについて
  • 各国の環境ラベル
  • 各国の省エネ規制
  • LCAの概要

機種開発担当者に対する主な教育内容

  • 各国の環境ラベルおよび要求事項
  • 環境配慮設計基準
  • LCAの算出方法
  • 京セラドキュメントソリューションズ社内の化学物質管理体制