ドイツCSRアワードでCSR活動への取り組みが評価され「サステナブルブランド オブ ザ イヤー」を受賞

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:伊奈 憲彦)は、4月4日にドイツのルートヴィヒスブルクで開催されたドイツCSRアワード2017授賞式において、当社の現地法人である京セラドキュメントソリューションズドイツが、NGO/NPOと協力をしている模範的な企業に与えられる「サステナブルブランド オブ ザ イヤー」を受賞したことをお知らせします。

CSRaward.jpg

京セラドキュメントソリューションズドイツは、ドイツの環境保護団体Deutsche Umwelthilfe(以下、DUH)と長年に亘ってパートナーシップを築いてきたことが評価され、今回の受賞となりました。このNGOとの提携は、今年30周年を迎えます。京セラドキュメントソリューションズドイツにとって、この記念すべき年に栄誉ある賞を受賞したことは、CSR活動を行っていく上で大変喜ばしく、意義のあることです。

京セラドキュメントソリューションズドイツとDUHは、長年ドイツ全土の河川再生計画を支援する「Living Rivers」プロジェクトに取り組んできました。 さらに、DUHは、京セラ環境賞の開催や、環境への配慮を示すPRINT GREENのコンセプトを打ち立てた京セラドキュメントソリューションズドイツの専門アドバイザーでもあります。

ドイツCSRアワードについて

ドイツCSRアワードは、ドイツでCSR活動に貢献した企業に与えられる栄誉ある賞で、2006年に誕生しました。「CSRアワード(ドイツ政府主催)」や「ドイツサステナビリティー賞」と並び、環境先進国ドイツでCSR活動への貢献を称える三つの賞のうちの一つです。京セラドキュメントソリューションズドイツは、2014年にドイツサステナビリティー賞で「ブルーエンジェル大賞」を受賞しています。これからも、企業理念とCSR方針に基づき自然保護活動に重点的に取り組んでまいります。

詳しい情報については、ドイツCSRアワード のサイト(ドイツ語)をご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 事業戦略本部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。