ファイル共有・オンラインストレージソリューション

大学内でこんな課題はありませんか?

Boxで全て解決できます!

boxとは

容量無制限のオンラインストレージ・ファイル共有サービスとしての利用はもちろん、複数人での共同編集機能が充実!使いやすいインターフェースと機能で利用者の生産性を向上させます。
また、管理者が重視する「セキュリティ」「アクセス権限設定」「使用ログのレポート」を最高クラスのレベルで実現します。

Boxが管理者と利用者から支持される3つの理由

管理者 法人向けに開発された最高クラスのセキュリティ!

「7段階のアクセス権限設定」や「70種類以上の使用ログ取得」が行えるなどセキュリティ機能が充実。
研究データの改ざんがあった場合も、履歴を追えるため原因追求が可能に!

利用者 ストレージ容量無制限。使い易いインターフェイス。

容量無制限だから全データのバックアップとしても活用可能。大容量の研究データも保存可能!

利用者 大容量のファイル共有はもちろん共同編集機能が充実!

学生・教員間の資料を安全に共有。他大学との共同プロジェクトも専用のフォルダを作ればいつでも最新のファイルを参照可能!20以上の言語に対応しているため、海外の大学とのファイル共有も簡単!

大学でのBox活用例

クラウド環境であれば、様々な使い方が可能に。大学間の共同研究もスムーズになり、学生の利便性も向上します

共同研究のための資料共有共同編集に!
Boxは20以上言語対応しているため海外研究者との共有
問題ありません!

国内外の大学間で共同研究を行う場合、様々な資料の共有場所として活用可能。プロジェクト用のフォルダを用意し、各研究員の方々にアップロード・編集権限を持たせて「招待」するだけ。ファイルの共同編集も可能で、バージョン管理もできます。Boxは20以上の言語に対応しているため海外の研究員でも問題ありません。

共同研究のための資料共有や共同編集に!Boxは20以上の言語に対応しているため海外の研究者との共有も問題ありません!

研究内容の長期保存や改変履歴・ダウンロード履歴が管理できる

研究データを一定期間の保存する必要があったり、改変履歴を追う必要がある場合もBoxは効果的。容量無制限のためどんなに容量が多くても問題ありません。またファイルの更新履歴も管理画面で追うことが可能です

研究内容の長期保存や改変履歴・ダウンロード履歴が管理できる

全学で利用すれば、ゼミや授業で使用する資料の共有も簡単!
スマホやタブレットでも資料がプレビューできる!

ファイル共有機能で、資料の共有がスムーズに。たとえばゼミごとにフォルダをつくり、フォルダを教員・学生と共有設定。いつでも、どこでも資料を閲覧・ダウンロードすることができます。

全学で利用すれば、ゼミや授業で使用する資料の共有も簡単!スマホやタブレットでも資料がプレビューできる!

レポート提出もクラウド上で完結!

レポートの提出は、提出期限を授業中やメールで知らせ、学生がプリントアウトして教員に渡すという流れが多かったのでは?
この一連の作業をBox上だけで行うことができます。Boxから期限の通知を行い、学生はレポートを指定の場所へアップロードするだけ。スムーズなレポート提出を実現します

レポート提出もクラウド上で完結!

ソリューションの導入をご検討のお客様

お電話でのご相談
電話番号 0570-046562(ナビダイヤル)

受付時間 9:00~12:00 / 13:00~17:00
(土曜、日曜、祝日および当社指定休日は除く)

メールでのご相談
スリーCチャージ
企業のセキュリティーを1台で守るWatchGuard
ユーザービリティ&アクセシビリティ
複合機・プリンターに対するセキュリティーへの取り組み
CC認証取得製品について