目的に至る最適なプロセスは何か常に思考し状況に応じた策を講じる。

吉田 雄一Yuichi Yoshida

京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)
営業本部 西日本統括部 大阪第2営業課
2016年入社 政策科学部卒
profile
WORK & PEOPLE INTERVIEW

WORK & PEOPLEINTERVIEW

現況を分析しケースバイケースの
販売企画・支援を実施。

当社と業務提携をしている国内販売代理店様への販売支援、既存ユーザー様への直販、新規開拓などを通じて、利益とお客様満足度の最大化を図ることが私たちのミッションです。常に最新の市場動向やニーズがつかめるよう多方向にアンテナを伸ばし、必要に応じて関連部署の担当者へのヒアリングも行います。
目的の販売台数を達成するために最適な販売企画は、商談内容や販売代理店様によって内容が大きく異なります。目的達成に至るまでのシナリオを緻密に作り込み、実行に移すことも重要な役割のひとつですが、そのプロセスには常にさまざまな困難が立ちはだかります。それだけに、困難をすべて乗り越え、思い描いた通りのシナリオが遂行できたときの喜びは格別です。自分が発案した企画やそれに基づいた施策がお客様の心に響き、後日当社製品をリピートしていただいたときなどにも、自分の取り組みが功を奏したことを実感し大きなやりがいを感じます。

現況を分析しケースバイケースの販売企画・支援を実施。

業務フローの改革に取り組み
利益の向上に貢献。

販売代理店様との納品フローにおいて、担当者しか把握できない打ち合わせ内容や事務処理などの実務スキームが多すぎると、各業務が属人化してしまいます。その結果、担当者の異動や体調不良による急な休暇の際に業務が立ち行かなくなり、大きな損失につながってしまいます。
私は以前、その問題により発生し得る損失を懸念し、リスク排除のために納品フローの抜本的な改革に取り組みました。「各業務に関してひとりの担当者しか把握していない」という状況を生まないよう、主担当の状況を把握するポジションとして副担当を配置。さらに発注から納品後のプロセスを販売店内でも完結できるよう、社内の関係者や販売代理店様と発注・納品・販売スキームの調整を行いました。この取り組みによって納品フローが整理され、販売台数の向上につながりました。
改善の過程で印象的だったのは、私が感じていた問題点を、販売代理店の担当者様も同じように問題に感じていたことです。この経験を通じて、日々の業務や納品フローにおいて少しでも違和感を覚えたときには、例え一見完成しているフローであっても疑問を呈し、積極的に改善しようとする姿勢を持っておくことが大事だと痛感しました。

業務フローの改革に取り組み利益の向上に貢献。

経営計画を見据えた取り組みで、
長期的な利益の創出に挑む。

国内部門の中長期経営計画の中に、大きな売上達成ミッションがあります。この数字を私個人に落とし込んだ時、これまでと同じように仕事をしていたのでは到底実現することはできません。達成には新規顧客の獲得だけではなく、既存ユーザー様の継続利用の促進を図ることが不可欠だと考えています。
そのための新たな施策の一環として、営業・マーケティング・販売代理店様が有機的に相互連携できる営業支援システムを構築したいと考えています。この構想が形になれば、業務の改善ポイントやユーザーのニーズなど、営業現場にとってメリットとなる多彩な情報を販売代理店様と共有することが可能になり、共有した情報に基づいたユーザー様への提案も容易になります。その結果、販売代理店様やユーザー様との信頼関係が深まり、長期的な利益の維持・向上が見込めるでしょう。実現にはあらゆる準備が必要で課題もまだまだ多いですが、絶対に諦めず、必ず成し遂げるんだという強い意志を持って目標達成に取り組んでいきたいと考えています。

経営計画を見据えた取り組みで長期的な利益の創出に挑む。

ONE DAY SCHEDULE一日のスケジュール

8:30

出社

問い合わせメールへの対応、特価申請や見積に関する資料を作成。

11:00

販売代理店A社様訪問

月次実績の経過の報告や各種打ち合わせを行う。

13:00

客先様訪問

1時間の休憩を取った後、販売代理店B社のセールス担当者様と共にお客様を訪問。機器仕様・特殊機能の利用に関する確認を実施。

14:00

各種事務処理

問い合わせメールへの対応や納品依頼などの事務処理を行う。

16:00

販売代理店C社様訪問

案件の進捗確認および商談の課題点に対する打開策について打ち合わせ。

17:30

業務整理

訪問先から帰社し、出力サンプルの印刷や提案書作成など翌日の準備を終えた後帰宅。

prev next

WORK ENVIRONMENTチーム紹介

チーム紹介

私が所属する営業チームは部長を含む10名です。営業経験豊かな社員が多く、若手は業務を手掛けながら日々先輩から様々な営業手法や考え方を学び成長につなげています。懇親会も盛んで、その際は仕事のことだけではなく、プライベートに関しても教訓を得られる機会があり、物事の捉え方に新たな視点を得ることが多いです。もちろん受け身なだけではなく、若手からも積極的に自身の仕事への取り組み方や考え方を発信。チーム全体の目標達成に向けて全員がサポートし合っています。