新規技術を研究・習熟し新たな開発環境の構築に活用する。

大西 章介Shosuke Onishi

技術本部 ARD統括技術部 CCS課
2014年入社 工学研究科 電気系工学専攻修了
profile
WORK & PEOPLE INTERVIEW

WORK & PEOPLEINTERVIEW

生産性や品質の向上を見据え、
開発に関わる基礎的な研究を行う。

私が所属しているARD統括技術部のミッションは、製品の開発手順や手法そのものの研究を通じて、生産性や利益の向上を図ることです。この部門では現在、昨今の労働人口減少に伴う生産性確保のための取り組みが行われており、メンバーはその目標に向けて各自で施策の立案や実行、それに関わる学習を行っています。私は主に、製品の製造工程における単純作業や検査をDeep Learningを使って省人化するシステムの研究を担当しています。省人化による人的リソースを、より高度な業務に割り当てることで生産性や品質のさらなる向上を目指しています。
この仕事の性質上、社内に根付いていない新規性の高い技術への理解を深める必要があります。そのため、積極的に社外のセミナーなどに参加し、世の中の最新技術に触れています。そこで得た知見や技術を、自分が当事者となって社内に展開し、製品開発のスタイルに変革を起こせることがこの仕事の魅力です。※アドバンスト・リサーチ&ディベロップメントの略。将来の事業展開を見据え、技術の開発及び設計手法の改革に取り組むこと。

生産性や品質の向上を見据え開発に関わる基礎的な研究を行う。

同期との取り組みが評価され、
技術本部の代表として成果を発表。

入社4年目のとき、物理現象や制御理論に基づいて開発を進める「モデルベースデザイン」を実行するチームに所属したことがあります。当時、モデルベースデザインによる開発は社内で初めての試みであり、若手にも積極的な意見の発信や提案が求められていました。そこで、同期のAさんと私はトナー補給制御の担当として、新たな開発スタイルの構築にチャレンジしました。まず、Aさんが現像機の現象をシミュレーションする仮想環境を作成し、私はそれを用いて制御理論に基づき設計を行ったところ高い評価を受けました。その結果、Aさんと私の二人は若手ながら技術本部の代表として、取り組みの内容や成果を、他部門の人たちに向けて発表することになりました。
当社では年次を問わず、積極的に意見を発信できる機会がありますが、この入社4年目のときの経験は、まさにその好事例だったと思います。自分が主体となって意見を発信したりアイデアを起案したりすることは、困難を伴います。しかし、それを乗り越え、会社にとって利益となる仕組みや開発スタイルを創出できたときには大きな達成感が得られます。

同期との取り組みが評価され技術本部の代表に。

現在の研究内容を
全社の財産として根付かせるために。

私の現在の主な研究内容であるDeep Learningは、十分なデータ量さえあれば、機械が自動的にデータから特徴を抽出してくれるAI(人工知能)の要素技術のひとつです。Deep LearningをはじめとするAI関連技術を活用した成果は、多くの企業や団体が発表していますが、それを見る度に感銘を受けると同時に危機感も抱きます。企業が発表する成果は、あくまで「他社に知られても良い範囲内の成果」であるため、その企業の中ではもっと先進的なAI関連技術の活用が行われているはずだからです。当社もこうした流れに取り残されることなく、常に未来を見据えて新規技術を追求していくべきであり、ARD統括技術部とはまさにその動きを牽引していく部門であると考えています。
今後に向けて、まずはDeep Learningを用いた物体認識、異常検知を実際に自社の工場で稼働できるレベルまで引き上げることが当面の目標です。その後、Deep Learningをパターン認識だけではなく、機械制御やUI(ユーザーインターフェース)にも活用するなど、まだ世の中のスタンダードとなっていない領域にも果敢に挑戦していきたいと考えています。

現在の研究内容を全社の財産として根付かせるために。

ONE DAY SCHEDULE一日のスケジュール

8:30

出社

朝一番でまずはメールチェック。上司や他部署からの連絡がメインだが、社外のセミナーで知り合った技術者から、勉強会の案内などの連絡が来ることも多い。

8:45

進捗確認

朝礼の後、自分の研究テーマの進捗について関係者に配信を行う。なお、関東圏など遠方で開催されるセミナーに参加することもある。

9:15

プログラミング・学習

研究中のシステムの構築に必要なプログラミングを行う。また、必要に応じてAI関連技術の論文をリサーチして熟読し、研究に活用する。

13:00

会議

12時から1時間の食事休憩を取った後、この日は午後一番でチームメンバーとミーティング。フォーマルなものではなく、会話をするような雰囲気で意見交換を行う。

15:00

プログラミング

午前に引き続き、研究中のシステムの構築に必要なプログラミングを行う。

17:30

資料作成

その日の研究によって得られた成果のまとめや、統括内で行う発表会向けの資料を作成。翌日の準備を終えた後、帰宅。

prev next

WORK ENVIRONMENTチーム紹介

チーム紹介

ARD統括技術部CCS課のメンバーは総勢6名で平均年齢は30歳。2014年入社の同期は3名在籍しており、若手中心の構成となっています。ARDとは「アドバンスト・リサーチ&ディベロップメント」の略で、当部門は先を見据えた基礎的な研究を行う部門です。そのため、時期ごとの業務サイクルのようなものはなく、その都度掲げる目標に応じて、各自が最新技術の勉強を交えながら研究に取り組みます。メンバーそれぞれがテーマを持ち寄って、ミーティングやディスカッションをしながら仕事を進める光景は、大学の研究室の雰囲気にも通じる部分があります。