グループ全体の未来を切り開く新規事業領域の商品開発に挑む。

青山 直史Tadashi Aoyama

ビジネスワークフロー・ソリューション事業本部
BWS事業統括部 BWS事業戦略課
2012年入社 経済学部卒
profile
WORK & PEOPLE INTERVIEW

WORK & PEOPLEINTERVIEW

既存の販売網の活用にもつながる、
斬新なECM商品の開発に従事。※Enterprise Content Managementの略。企業内の共有情報を一元管理・運営をするソリューションのこと。

当社はこれまで複合機やプリンターといったハードウェアを主力に事業を拡大してきました。しかし市場が成熟の域に達した今、会社がさらに成長するためには、新たな事業分野にチャレンジしていくことが必要です。私が所属するビジネスワークフロー・ソリューション事業本部は、まさにそうした新規事業を見据えた取り組みを行う部門です。私の主な取り組みは、新規事業分野であるECM事業の商品企画・マーケティングです。それと並行して、既存の複合機事業におけるソフトウェア商品の企画も担当しています。
ECM事業に関する商品は、扱う側にも高い専門性を要するものが多いという特徴があります。そのため、既存事業のソフトウェア商品を中心に扱ってきた販売会社に、新たにECM商品の専門的なノウハウを浸透させることは極めて難しいといえます。そこで現在、私が手掛けているのが、販売・メンテナンスにおいて高い専門性を必要としないECM商品の推進です。このプロジェクトを完遂できれば、多くの販売会社に新しいビジネスの機会を提供でき、かつ当社が長年築き上げてきた販売網を最大限活用できます。実現難易度は低くはありませんが、会社の行く末を占うほどのスケールの大きい業務に携われることに魅力を感じています。

既存の販売網の活用にもつながる斬新なECM商品の開発に従事。

新規提案に苦難は付きもの。
その分、
ビジネスを動かしている実感も大きい。

当社では基本的に自分からアクションを起こさない限り物事が前に進むことはありません。私が担当しているECM事業を例に挙げるなら「既存の販売網を活用した商品の展開」という大枠でのミッションが与えられ、その実現に向けて各自が自分の頭で考え、関係者と協議を重ねながら仕事を推し進めていきます。商品化決定会議でのプレゼンテーションなども入社して早いうちから任されますし、私自身、最近では昨年末に社長を前にして複合機関連の新規ソフトウェア商品の価格提案を行いました。
初回のプレゼンテーションの際、販売現場にとって、想定される利益が出るかどうかについて社長が懸念を示されたので、その懸念を課題として持ち帰り、再度提案内容を練り直すことになりました。製品導入までの一連に掛かるコストを算出した上で、新たな利益創出の枠組みを盛り込むなど、製品のリリースによってもたらされる利益を可能な限り可視化しました。その結果をもって再提案を行ったところ、承認をいただくことができました。自分が主体となって仕事に取り組むと、ビジネスを動かしている実感が大きくなるので、日々やりがいを感じています。

新規提案に苦難は付きもの。その分、ビジネスを動かしている実感も大きい。

自分の企画で当社のECM事業分野に
成功の実例を作ることが当面の目標。

ビジネスワークフロー・ソリューション事業本部が立ち上がったのは2017年10月とまだ日が浅く、ECM事業への取り組みもまだまだスタートしたばかりです。2015年9月にドイツにあるECMソリューションプロバイダーのM&Aを行い、その後も海外を中心に事業を拡張してきましたが、本社自体は、ECM事業の成功体験が乏しい状態です。私の今後の目標は、まずは小さなことでも良いのでECM事業分野における成功体験をもたらすことです。出来ることなら、成功体験につながる新規ECM事業の起案や発足、完了に至るまでのプロセスを、自分が中心になって牽引していきたいと考えています。当社には個人レベルからの働き掛けであっても、具体的な根拠や採算性を明示して提案すれば受け入れられる土壌があり、実現の可能性は大いにあります。もちろんスケールの大きな話であることには違いないのですが、理想を高く持った上でその実現に向けて前に進むというスタンスは常に持っていたいです。私が担当しているECM事業は、欧米向けをターゲットとしていることから、まずは欧米の主要国で事業を成功させ、それを成功例にして、いずれグローバル規模で当社発のECM事業を展開していきたいと考えています。

自分の企画で当社のECM事業分野に成功の実例を作ることが当面の目標。

ONE DAY SCHEDULE一日のスケジュール

8:30

出社

8:45

問い合わせ対応

部門に寄せられた問い合わせにその都度必要な対応を行う。海外の関係会社を含め様々な部門と連携の必要があるため、気が付けば正午になっていることも。

13:00

打ち合わせ

12時から1時間の休憩を取った後、開発チームとの打ち合わせ。プロジェクト初期は必要な機能の打ち合わせ、それ以降はプロジェクト管理に関する打ち合わせがメイン。

14:00

提案資料作成

プレゼンテーションを行う必要がある際は、企画書や提案書を作成。各種データを参照しながら、説得力のある資料を作成するよう心掛ける。

16:30

海外販売会社との電話会議

会社の海外売上比率が高いため、海外の販売会社と仕事や電話会議を行う機会は非常に多い。その際は時差も十分に考慮する。

17:00

1日の統括

時期や案件に応じて打ち合わせ、資料作成など必要な作業を行う。その後17時30分の定時に向けて1日の業務内容を振り返り、次の日の業務に備える。

prev next

WORK ENVIRONMENTチーム紹介

チーム紹介

ビジネスワークフロー・ソリューション事業本部の特徴のひとつに、様々なバックグラウンドを持った人たちが集まっていることが挙げられます。私が所属する課の性別構成比は男女で半々、年齢構成比は基本的には若手中心です。文系理系、元企画職や開発職など、一人ひとりの専門分野も多彩です。さらに外国籍の社員も3名所属しており、国際色豊かな部門となっています。プライベートでも交流が盛んで、部門責任者の自宅にメンバーが集まり、各々の家族を交えてバーベキューパーティーを行うこともあります。