ドキュメントが
できるまで

Flow of document creation

ドキュメントができるまで
ドキュメントができるまで ドキュメントができるまで ドキュメントができるまで

SPECIALDOCUMENT CREATION

Scroll down

操作パネルから直接クラウド上のデータをプリント

操作パネルから直接クラウド上のデータをプリント

シーンに応じたアクセスを可能にする、
多彩なデータ保存&呼び出し

複合機で、スキャンしたデータを本体のハードディスクに保管するだけでなく、クラウド上にデータをアップロードすることが可能です。また、複合機の操作パネルから直接、クラウドに保存されている文書データを検索してプリントすることもできます。さらに会社内で同一のネットワークにつながっているすべての複合機やプリンターからプリントできます。また、USBメモリーからのプリントなど多彩なデータアクセスで効率化を推進しています。

私たちの技術Our Technology

人感センサー&業界トップクラスのワイド操作パネル

人感センサー&業界トップクラスのワイド操作パネル

人が複合機のセンサーの検知範囲内に入ると、自動的にスリープモードを解除する「人感センサー」を搭載しています。操作部には業界トップクラスの10.1インチのフルカラー大型操作パネルを採用しておりスマートフォン同様に指先で簡単に画面操作ができます。よく使う機能のショートカット設定やユーザーごとに自分専用のカスタマイズが可能な「マイパネル」など便利な機能を搭載しています。

人感センサー&業界トップクラスのワイド操作パネル
私たちの技術 私たちの技術
操作パネルから直接クラウド上のデータをプリント 操作パネルから直接クラウド上のデータをプリント
画像形成

画像形成

感光体ドラムの表面に形成された
静電潜像にトナーを付着

感光体ドラムの表面に、静電気を帯電させます。読み込んだ原稿を感光体ドラムに写すため、トナーを付着させる部分にレーザーを当てて電荷を除去し、フィルムカメラの“ネガ”にあたる静電潜像(静電気による像)を形成します。感光体ドラムを回転させながら、この潜像にトナーを付着させて現像します。

私たちの技術Our Technology

「アモルファスシリコン」採用の感光体ドラム

「アモルファスシリコン」採用の感光体ドラム

非常に繊細な感光体ドラム。表面が摩耗すると、印刷物に濃淡のばらつきや、かすれが現れます。そのため一般的なプリンターでは数千~数万枚単位で感光体ドラムの交換が必要になりますが、感光体ドラム構成材料として、非常に高硬度なアモルファスシリコンを採用することで、約60万枚もの印刷に耐えられる感光体ドラムの長寿命化に成功しました。1日200枚、年間300日の使用でも10年の寿命を誇り、実質的には、感光体ドラムの交換が必要ありません。

「アモルファスシリコン」採用の感光体ドラム
私たちの技術 私たちの技術
画像形成 画像形成
紙へのトナーの定着

紙へのトナーの定着

紙へ転写されたトナーに
熱と圧力を加えて定着

感光体ドラムに付着したトナーはイエロー、シアン、マゼンダ、ブラックの順で転写ベルトへ移動し、4色を重ね合わせることによってカラー画像を形成します。その転写ベルトの上を用紙が通過する際、トナーを用紙に付着させるために裏側から逆電荷をかけ転写しています。6μ(ミクロン)という粒状のトナーを熱と圧力で用紙上に定着させて排出すれば、印刷物が完成します。

私たちの技術Our Technology

独自開発の新低融点トナー

独自開発の新低融点トナー

新低融点トナーの特徴は、京セラドキュメントソリューションズが独自に開発した「薄膜シェル層」による二層構造です。これにより従来のトナーより30℃以上低い温度での定着が可能になり、大幅な省エネに貢献しています。また、有機溶剤を一切使用しない製造工程により環境負荷を最小限に留めました。さらに、トナー形状をより真球に近づけたことで用紙上のトナー配列が均一になり、鮮明でなめらかな画像表現による高画質化に成功しました。

独自開発の新低融点トナー
私たちの技術 私たちの技術
紙へのトナーの定着 紙へのトナーの定着 紙へのトナーの定着 紙へのトナーの定着
用紙搬送から排出までを一貫制御 用紙搬送から排出までを一貫制御

用紙搬送から排出までを
一貫制御

0.01秒、0.1mm単位の精密さで、
驚異の制御機能を実現

例えば「一枚の紙を、給紙トレイから排紙トレイまで搬送する」という動作だけでも、数万ステップもの内部処理が必要になります。しかも正確かつ短時間での実行が求められます。もし、それぞれの処理が0.01秒でも遅れると、各部品が動作するタイミングに狂いが生じて紙詰まりの原因を誘発します。また、用紙が0.1mm単位で正確に搬送されなければ、印字ずれなどの画像不良を招きかねません。つまり、複合機やプリンターの一連の動作が完璧に制御されてはじめて、ドキュメントは完成するのです。この制御機能にも、京セラドキュメントソリューションズの技術が活きています。

私たちの技術Our Technology

ソフトウェア

ソフトウェア

複合機の動作において、用紙搬送、画像の描写(作像)、用紙への定着といった基本部分の制御を担うのがソフトウェアです。複合機の複雑な作業過程を支えるモーターやセンサー、クラッチといった部品は2,500点以上にのぼり、正確かつ瞬時に反応し、設計通りに動くよう多くのプログラムで処理されています。画質、用紙搬送およびプリント速度などのスペックを落とすことなくドキュメントが完成するのは、ソフトウェアの正確無比な制御の賜物といえます。

ソフトウェア
私たちの技術 私たちの技術
用紙搬送から排出までを一貫制御 用紙搬送から排出までを一貫制御