海外駐在社員レポート

Philippine

海外駐在社員レポートREPORT 02

Scroll down

GLOBALGLOBAL REPORT

林 京一郎Kyoichiro Hayashi

所属/KYOCERA Document Solutions Development Philippines Inc.
1997年入社 工学部 電気工学科卒

1997年/入社後、岐阜営業所に営業職として配属
1999年/大阪本社へ異動し、複合機およびプリンターのソフトウェア開発を担当
2006年/東京R&Dセンターに異動し、ソフトウェアアーキテクチャ構築を担当
2016年/大阪本社に異動し、システム全体設計を担当
2018年3月/京セラドキュメントソリューションズデベロップメントフィリピンに出向。OS・ソフトウェア統合チームを担当

林 京一郎

現地の仕事内容とやりがい

京セラドキュメントソリューションズデベロップメントフィリピンには、300名以上の社員が在籍しており、グループ最大規模のソフトウェア開発拠点です。複合機やプリンターに搭載されるソフトウェア、ドライバー、ユーティリティの開発およびソフトウェア評価の部門があり、その中で私はOS・ソフトウェア統合チームを担当しています。日本にいるメンバーの協力も得ながら、作業範囲の拡大や品質の向上に日々取り組んでいます。一緒に働く社員は若いメンバーが中心ですが、新しい技術を貪欲に吸収していく彼らの姿を見ると、非常に教えがいがあると同時に、多くの刺激をもらっています。言語や価値観が異なる国で働くことは、私自身の成長にもつながりますし、現地社員とともに、まだ若い組織を大きく成長させていけることにやりがいを感じています。

現地の仕事内容とやりがい 現地の仕事内容とやりがい

現地での仕事の難しさや
それに対して心がけていることなど

フィリピンの方たちは、成長意欲の高い方が多いと思います。そのため、興味を引く仕事や、次のステップにつながる仕事を与えることで、「この会社であれば成長できる、何か面白いことができる」という組織風土を醸成することを心がけています。また、彼らは技術習得へのモチベーションが高い一方で、自発的に発言し、アイデアを提案することに対し、遠慮しているように思います。出向社員はいずれ日本に帰国することが前提ですから、「ソフトウェア開発拠点として、しっかりと自立して成長していくために、分からないことや間違っていると思うことは積極的に発信していこう!」と日々話しています。私自身、フィリピンにいる間に成果を出し、そして自分自身、現地社員、会社の成長に貢献していきたいと考えています。

現地での仕事の難しさやそれに対して心がけていることなど 現地での仕事の難しさやそれに対して心がけていることなど

今後挑戦したいこと

一番のミッションはOS・ソフトウェア統合チームの品質向上と業務範囲の拡大です。ソフトウェア開発部門には、OS・ソフトウェア統合チーム以外にも国内外に様々なチームがあり、連携しながら課題解決に取り組んでいます。開発を進める上で、なかなか課題を解決できず苦労することも多くありますが、一担当者がアクションを起こすことで、課題解決につながるケースも増えています。しかし、フィリピンのメンバーは日本と違って課題発見や改善が苦手です。たとえ効率の悪い作業をしていたとしても、そのまま進める傾向がみられます。私がフィリピンに来てこれまでの間、いくつか開発における課題を拾い上げ、改善検討を行いましたが、きっと他にも改善できる課題は存在しているはずです。だからこそ、開発途中で発生する課題に対して、意見を交わす場をつくり、開発全体の効率を上げるとともに、現地社員に対して”改善”という意識を根付かせたいと思っています。

今後挑戦したいこと 今後挑戦したいこと

現地でのオフの過ごし方

フィリピンで一番人気のあるスポーツはバスケットボールです。社内にもチームがあり、週末はかなりの頻度で試合が行われているので、よく応援に出かけます。会社には他にフットサルチームもあって、そこで汗を流すこともあります。日本人出向者や現地のメンバーとフィリピン定番のアイランドホッピング※へ行ったり、同僚の自宅で一緒に晩ごはんを食べたり、充実したオフタイムを過ごしています。
※アイランドホッピングとは、セブ島近海の小さな離島へボートをレンタルして遊びに行くアクティビティです。

現地でのオフの過ごし方

ONE DAY SCHEDULE

一日のスケジュール

  • 9:00出社

    メールのチェック。緊急案件がないか、問題が発生していないか、各自の進捗状況を確認します。

  • 11:00スタンドアップ
    ミーティング

    各自の作業内容、課題について毎日ミーティングを実施。和気あいあいとした雰囲気で行っています。その日の作業目標を共有しています。

  • 11:45ランチ

    会社の近くにあるお店に課のメンバーや日本人出向者とランチへ。

  • 13:00統合チーム会議

    毎週金曜日には日本と電話会議。ソフトウェア統合作業で発生した問題や各種課題について議論します。

  • 15:30snack time

    課のメンバーとおやつタイム。フィリピン人はとにかく食べることが好きです!

  • 17:00OSチーム会議

    チーム内で作成したソフトウェアのレビュー。ソフトウェア技術者としての経験が浅いメンバーが多いことから、品質確保と各自のスキルアップを目的に全員参加でレビューを実施しています。

  • 19:00会食

    終業後は日本人出向者や現地のメンバーと会社の近くにあるお店で夕食。

一日のスケジュール