キーワードで知る京セラドキュメントソリューションズ キーワードで知る京セラドキュメントソリューションズ

ABOUTKEYWORD

Scroll down

出荷台数200万台
スマートファクトリーへの取り組み
グローバルな社会貢献
ブルーエンジェルマーク
M&Aによる事業拡大
1/4

01

販売台数伸び率 20%UP

販売拠点の拡大と新規顧客の開拓などにより、当社の複合機・プリンターの販売台数は国内外ともに順調に推移しています。2016年度から現在※1までの販売台数の推移は20%増加しています。特に海外でのシェアが高く、ドイツ、ロシア、イタリア、トルコではA3複合機販売台数No.1※2を誇っています。その大きな要因は、各国において長年築いてきた信頼関係と良質なサービスを提供しているからです。これからも、世界で認められ、愛され続ける製品を提供し続けます。※1 2019年2月15日時点
※2 Source: IDC Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker, 2018Q4/ Period: January 2018 – December 2018/ Product: Laser/Speed Range (A4): Color Laser/Mono Laser: 1-90ppm/カテゴリはA3レーザー複合機 とはA3MFP(incl.SFDC) 、 A4 レーザー複合機とはA4MFP(incl.SFDC) 、プリンターとは A4/A3 Laser Printer, Share by Company

販売台数伸び率 20%UP

02

スマートファクトリーへの取り組み

工場の生産性・設備稼働率の向上および深刻化する人手不足への対応として、当社ではスマートファクトリー化に取り組んでいます。その第一弾が2017年6月、三重県・玉城工場内に竣工した「第7工場」。同工場では、消耗品であるカラートナーコンテナの全生産工程の自動化に成功し、大幅な人員削減と24時間稼働を可能にしました。また2018年8月、中国広東省に完成した新工場にも、独自の新生産設備を導入し、OPC感光体ドラムの生産におけるほとんどの工程の自動化を推進しています。

スマートファクトリーへの取り組み

03

グローバルな社会貢献

当社では、社会貢献に積極的に取り組んでいます。2008年から参画しているのが、小学6年生を対象にした大阪市の「理科特別授業」。電子写真プロセスの原理を利用して絵をハンドコピーする実験を通じ、暮らしの中の電気の応用について楽しく学べる授業を提供しています。またフィリピンでは、山岳地帯にて300本のモラベの苗の植樹活動に従事しています。子会社であるTAトライアンフアドラーの社員は、世界の子どもたちへの寄付を目的とした北ドイツ最大のチャリティランニングイベント「HSHノルドバンクラン」に参加するなど、グローバルに活動を続けています。

グローバルな社会貢献

04

「ブルーエンジェルマーク」

ドイツ連邦環境庁等が運営する、世界で初めて導入されたエコラベル制度「ブルーエンジェルマーク」。同マークは多くの環境ラベルのベースとなっています。当社は1997年、プリンターメーカーとしては世界で初めて「ブルーエンジェルマーク」を取得。さらに2014年には複合機・プリンター全50モデルで新基準によるマークを取得し、環境に配慮したものづくりへの取り組み姿勢も評価され、「ブルーエンジェル大賞」を受賞しました。

ブルーエンジェルマーク

05

M&Aによる事業拡大

2017年、当社はペンシルバニアを中心に、全米12拠点で法人向けの文書管理システムを開発・販売するデータバンク社を買収しました。複合機やプリンターとデータバンク社が保有するシステムを連携させた新たなビジネスモデルの構築に取り組み、米国市場におけるサービスの付加価値向上に注力しています。また2018年には、チェコとスロバキアの両国を拠点に販売サービス網を有する事務機販売会社のヤヌス社を買収。スロバキアの関係会社も傘下に収めて、東欧初の販売子会社を設立するとともに事業拡大を図っています。

M&Aによる事業拡大

06

4分の1

京セラドキュメントソリューションズは、京セラグループの中で最も大きな事業体です。2020年3月度の実績で、京セラグループ全体の売上高1兆5,990億円に占める割合は3,599億円、同じく社員数は75,505名のうち19,724名といずれも全体の4分の1を占めています。また、全体で287社あるグループ会社のうち、当社のグループ会社は101社と最多です。このように具体的な数字が指し示す通り、当社が担うのは京セラグループの主力事業としての責務です。

4分の1