ドキュメント機器の可能性 ドキュメント機器の可能性

ABOUTCOLOR-MULTIFUNCTION

Scroll down

ビジネスシーンに応じて、
複合機やプリンターに求められる機能は多種多様。

速く、美しく印刷するために。モバイル情報機器やクラウドサービスの広がりによるドキュメント環境の変化に対応するために。複合機やプリンターに求められる機能は日々高まっています。たとえば、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末との接続により、外部からプリント、コピーやFAXなどの操作も自在です。ネットワークを活用することで、あらゆる情報をスムーズに共有・送信することが可能です。お客様独自のニーズに合わせた細かなカスタマイズにも対応しています。

ビジネスシーンに応じたアウトプットを可能にする多機能化

モノクロ、フルカラーの印刷にとどまらず、消えてしまいがちな蛍光ペンの線をきれいに印刷する機能など、原稿の色彩を忠実に再現する高画質化が進んでいます。用紙のサイズもハガキからポスターサイズまで多彩に対応しています。

パソコンからの受信データを出力するだけでなく、USBメモリーからのダイレクトプリントも可能です。両面印刷はもちろん2枚~4枚の原稿を1枚に集約して印刷することもできます。

複合機はFAXを送受信することも可能です。受信したFAXは、複合機から自動で出力され、送信する時も、複合機のタッチパネルからFAX番号を直接入力するだけで操作が完了します。

スキャナーで読み込んだ原稿を、データ化して、指定した場所へ保存・送信することが可能です。原稿をスムーズにデータ化することができ、書類作成の効率化に貢献しています。

ドキュメントデータをクラウド上にアップロードすれば、タブレットなどモバイル端末等でも閲覧が可能です。また、違う場所にいる仲間とリアルタイムに情報共有を行えます。

ビジネスシーンに応じたアウトプットを可能にする多機能化

データマネジメントの革新で、
新しいソリューションを展開。

ペーパーレス化が進み、情報セキュリティーの強化が求められる中、私たちが次に目指すものが、お客様の業務効率や生産性の向上を支える、価値のあるソリューションを提供することです。たとえば、医療機関や金融機関で扱う各種書類など、膨大で煩雑な情報を複合機でスキャンし、本体のHDDやクラウド上に蓄積・保存することでコスト削減とデータの有効活用と効率化を実現します。これらに関して、海外の情報通信企業を積極的に買収し、各社のノウハウと複合機を融合させた新たなビジネスモデルの構築に注力。データマネジメント領域でのグローバルな展開へと踏み出します。

データマネジメントの革新で、新しいソリューションを展開。

あらゆる現場の
コミュニケーションに
変化を生みだす
私たちのソリューション

01Medical

医療現場

arrow

高速スキャンが可能にする
医療情報の効率的なデータ共有

チーム医療が重視されている昨今、スムーズに情報共有するためカルテや検査データ、手術写真は医療現場では必要不可欠です。しかし、病院で扱う紙文書は膨大で、それらをすべて電子化することは容易ではありませんでした。そこで当社が提案したのが、高速スキャナーを使って手間なく正確に紙の文書を電子化する「TrustScan(トラストスキャン)」です。手書き文字も鮮明に読み取る高解像度を誇り、画像を確認する操作も簡単です。また、電子化した紙文書と電子カルテ上の患者データの関連付けもバーコードを使って自動連携。何よりも重要な正確性を担保しつつ、医療現場のニーズにあった機能を提供しています。

医療現場

02Education

教育現場

arrow

マークシート試験の作成から採点、
点数の統計分析まで自動作成

近年、定期的にマークシート方式の学力試験を実施する高校が増えています。採点するためには専用のマークシートリーダーで解答用紙を1枚ずつ読み取り、パソコンにデータを取り込むという手間が必要です。生徒たちと関わる時間を増やしたいと望む教師たちからは「もっと簡単に採点できないか?」という声が上がっていました。そこで当社が提案したのが、マークシートの作成から採点、分析までを自動で行うアプリケーション「Teaching Assistant」。正しい答えがマークされたアンサーシートを1枚目にセットし、2枚目以降に生徒が解答したマークシートを重ねて複合機でスキャンするだけで、自動的に採点を行います。さらに、サマリーレポートや正答率、点数のヒストグラムなども自動で作成できるため、統計分析も容易に行うことができ、教育現場の業務効率向上に貢献しています。

教育現場

03Every job

様々なビジネスシーン

arrow

業務プロセスに合わせ
あらゆる文書の仕分けを自動化

日々、現場で大量に発生する受発注の書類、請求書などの紙文書やパソコンで作成された電子文書。管理には仕分けやデータ入力といった手作業が必要で、この人手と時間の削減が大きな課題でした。そこで当社が提案するのが、入手したドキュメントに記載されている情報を一括で認識・抽出するソフトウェア「KYOCERA Capture Manager」。手書き文字やバーコード情報を認識・抽出し、抽出した情報に基づいて自動的に仕分けることも可能です。取り込んだデータは、自動で傾きを補正できるだけでなく重要文書には電子署名をつけられるなど、ドキュメントワークフローの効率化を図ります。

あらゆるビジネスの現場