KYOCERA Document Solutions

印刷

閉じる

2019年度 玉城工場環境負荷データ

環境パフォーマンス

(絶対量)

項目 単位 2018年度 2019年度
エネルギー kL/年(原油換算) 9,023 10,218
CO2 t-CO2/年 16,712 18,923
m³/年 86,630 102,185
産業廃棄物排出量 kg/年 416,028 748,026
排水量(排水処理施設) m³/年 30,604 42,150
(うち 11,501.2が河川に放流、
30648.8が下水道に放流)※1

※12019年7月14日より、処理水を河川放流から下水放流に切り替え

大気関係

項目 施設名 法・公的
規制
自主
管理基準
実測値
平均値 最大値 測定頻度
対象外

水質関係(河川放流分:2019年4月1日〜2019年7月13日)

項目 単位 法・公的
規制
自主
管理基準
実測値
平均値 最大値 測定頻度
水素イオン濃度(pH) mg/L 5.8〜8.6 6.3〜8.1 7.2 7.3 1回/月※2
生物化学的酸素要求量(BOD) mg/L 160 9 0.5未満 0.6 1回/月
化学的酸素要求量(COD) mg/L 160 9 2.9 3.5 1回/月※2
浮遊物質量(SS) mg/L 200 4.5 2未満 2未満 1回/月
ノルマルヘキサン抽出物質量 mg/L 5 4.5 1未満 1未満 1回/6ヶ月
大腸菌群数 個/cm³ 3,000 315 30未満 34 1回/月
窒素 mg/L 120 54 1.9 3.7 1回/月※2
mg/L 16 7.2 0.01未満 0.01 1回/月※2

※2計量証明事業者による1回/月の分析に加えて、自動分析装置で2時間毎に分析

水質関係(下水放流分:2019年7月14日〜2020年3月31日)

項目 単位 法・公的
規制
自主
管理基準
実測値
平均値 最大値 測定頻度
水素イオン濃度(pH) mg/L 5.0を超え
9.0未満
5.7〜8.7 7.4 7.7 1回/月※2
生物化学的酸素要求量(BOD) mg/L 600 300 0.8 2.0 1回/月
浮遊物質量(SS) mg/L 600 300 2未満 5 1回/月
ノルマルヘキサン抽出物中の鉱油類含有量 mg/L 5 5 1未満 1未満 1回/月
ノルマルヘキサン抽出物中の動植物油脂類含有量 mg/L 30 30 1未満 1未満 1回/月
窒素 mg/L 240 240 2.9 11 1回/月※2
mg/L 32 20 0.03 0.04 1回/月※2

※2計量証明事業者による1回/月の分析に加えて、自動分析装置で2時間毎に分析

大気関係 排出総負荷量

(単位:トン/年)

項目 排出総負荷量
2018年度 2019年度
対象外

水質関係 排出総負荷量

(単位:トン/年)

項目 排出総負荷量
2018年度 2019年度
化学的酸素要求量(COD) 0.08 0.12
生物化学的酸素要求量(BOD) 0.02 0.03

悪臭関係

規制地域外

騒音・振動関係

基準値の超過はありません

粉塵関係

基準値の超過はありません

PRTR対象物質

(単位:トン/年)

物質
番号
対象物質 取扱量 排出量 移動量 その他の量
大気
排出
水域
排出
土壌
排出
廃棄物 下水道 リサイクル 消費 除去
処理
30 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸およびその塩 4.2 0 0 0 0.02 0 0 4.2 0
31 アンチモンおよびその化合物 1.8 0 0 0 0 0 0 1.8 0
412 マンガンおよびその化合物 40.7 0 0 0 0 0 0 40.7 0
報告対象物質合計 46.7 0 0 0 0.02 0 0 46.7 0

このページのトップへ

印刷

閉じる

(c) 2020 KYOCERA Document Solutions Inc., KYOCERA Document Solutions Japan Inc.