会社案内 > CSR活動 > 玉城工場(三重) > 社員とともに

社員とともに

労働安全への取り組みをはじめ、防災・交通安全・健康管理など、従業員が安心して働くことができる職場づくりを推進しています。

労働安全衛生・健康管理の取り組み

全体朝礼時の報告会
全体朝礼時の報告会

当工場では、労働災害撲滅や社員の健康管理を目的として、毎月実施している全体朝礼時に、京セラグループの労働災害の報告や、保健師から熱中症、インフルエンザ、感染予防、健康診断結果の活用法などの健康管理のアドバイスを行い、労働安全衛生の啓発活動を推進しています。
労働安全衛生の取り組みとしては、日頃の安全衛生改善活動、リスクアセスメントやヒヤリハット活動を展開しています。また、毎月の工場長や安全管理者の安全衛生パトロール、毎週の衛生管理者パトロールのほか、半年に1回京セラドキュメントソリューションズグループ環境安全統括者の安全衛生パトロールを行い、不安全な箇所や作業がないことを確認しています。

多目的室の設置

健康器具が置かれた多目的室
健康器具が置かれた多目的室

当工場では、日頃から社員の健康に対する意識向上を図る取り組みを行っています。その一環として、工場内の共有場所に健康器具・卓球台を設置した「多目的室」を設け、社員の適度な運動やコミュニケーション機会を創出して、活気ある職場環境の構築や、社員が自ら健康増進に取り組める一助としています。

防災への取り組み

はしご車による救出訓練
はしご車による救出訓練

三重県は南海トラフの巨大地震発生予想地域であり、日頃より災害発生時の被害を最小限にとどめられるように、緊急地震速報システムを設置するとともに、総合防火防災訓練および夜間防火防災訓練を毎年秋に実施しています。
総合防火防災訓練では、模擬緊急地震速報の受信を合図に、身体を守る初動訓練、その後火災が発生したことを想定して、119番へ模擬通報するとともに、初期消火、避難訓練を実施しました。また、伊勢市消防本部の指導による消火器、屋外消火栓の操作訓練、第6工場屋上からのはしご車による救出訓練、地震体験車による、南海トラフ地震の模擬体験やAED、救急救命措置の訓練も実施しました。
別の日に実施した夜間防火防災訓練では、深夜時間を想定し、環境安全部門関係者不在を
前提に、警備員が中心となって、消防署への通報訓練、初期消火訓練、避難訓練を実施し
ました。


地震体験車
地震体験車
夜間防火防災訓練
夜間防火防災訓練

構内通路での安全確保の取り組み

当工場では、構内屋外通路における歩行者の通行帯として、緑色に区別した構内歩行者専用通路を設置しています。これにより、社員はもちろん、来場者さまにも通路が明確となるとともに、構内通行の安全確保に大きく寄与しています。

構内歩行者専用通路
構内歩行者専用通路

交通安全への取り組み

社員が参加する交通安全キャンペーン
社員が参加する
交通安全キャンペーン

当工場では通勤や業務上で車両を利用することが多く、交通安全講習会の実施などの交
通安全活動を行っています。
また、社有車運転資格制度を設け、「運転資格者は社内の認定基準を満たした者」と定め、交通安全「SDカード」の保有などを条件としています。社有車にはドライビング
アナライザーを設置して車両運行状況を確認し、運転者の安全意識の向上につなげて
います。
また、全国交通安全週間には、地域と連携して街頭での交通安全キャンペーンにも参加
しています。

ドライビングアナライザー:運転状況(速度・急加速・急ブレーキ)などを記録し、危険挙動がないか確認できる。