2020日本パッケージングコンテスト入賞について

発表日 2020年10月12日

 京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:伊奈 憲彦)は、当社複合機に搭載されている両面自動原稿送装置の包装が、公益社団法人 日本包装技術協会が主催する「2020日本パッケージングコンテスト」にて、「工業包装部門賞」を受賞しましたのでお知らせいたします。当コンテストは、日本の包装分野における最大のコンテストで、当社は今回で14回目の受賞となります。

 受賞した包装は、廃棄した際に発生する二酸化炭素の排出を低減させるため、緩衝材をすべて段ボールで構成しており、その段ボールを効率的に使用し緩衝性能を向上させた点が評価されました。

 今回、新開発した両面自動原稿送装置はコンパクトであるため、緩衝材で製品を支えられる面積が小さく、衝撃を吸収する事が難しくなります。いかに緩衝材を増やすことなく強度を保つかという課題に対して、緩衝材の形状を工夫することでその課題を解決しました。また、緩衝性も損なうことなく確保しており、当社で規定されている包装試験に耐えられる強度を誇ります。

 当社は、製品に使用する包装材はすべて自社で開発・設計しており、その技術力は国内外で高い評価を受けています。今後も包装材の削減に取り組み、環境に配慮した取り組みを続けてまいります。

  • 当社包装試験1角3稜6面 底面連続3回60cm落下

1012final.jpg1012final2.jpg

報道関係のお問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。