京セラドキュメントソリューションズ 商業用インクジェット事業参入について

発表日 2020年01月27日

京セラドキュメントソリューションズ 株式会社(社長:伊奈 憲彦、以下、当社)は、当社が手がけるドキュメント機器事業の一貫として事業拡大を図るため、新たに商業用高速インクジェット事業に本格参入することを1月27日(月)報道機関に発表しました。また、同時に新開発のインクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」を3月より国内市場向けに発売することをお知らせします。

新製品「TASKalfa Pro 15000c」は、当社がこれまで複合機・プリンターで培ってきた技術力をベースに開発したインクジェットプロダクションプリンターです。高速シングルパス方式の採用と確かな用紙搬送システム、安定した高速給紙システムにより大量の連続印刷に優れた性能と、高い生産性を提供します。また、環境面では低消費電力、低エミッション、交換部品の削減といった提供価値に加えて、今回独自開発した水性顔料インクは、耐光性、耐水性に優れ環境にも優しい高発色インクとなっています。さらに、普通紙をはじめ、厚紙、インクジェット適正紙、エンボス紙、封筒、長尺のバナー印刷など多種多様な用紙に対応しており幅広い印刷業務に貢献いたします。

「TASKalfa Pro 15000c」は、商業用印刷市場の中でも需要の高い、小ロット多品種出力のデジタル印刷用途に求められている生産性、耐久性に加えランニングコストの削減を提供することができます。私たちは、お客様に信頼される長期的なパートナーとして、 快適な印刷環境を最大限に引き出すことのお手伝いをします。

0127_photo.jpg

基本性能

製品名 TASKalfa Pro 15000c
印刷方式 ラインインクジェット方式
インク種類 水性顔料インク
解像度 600dpi×600dpi
対応用紙 上質紙、インクジェット紙、厚紙、葉書など
発売日 2020年3 月

関連情報

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。