京セラドキュメントソリューションズジャパン、米国ハイランド社とECMソリューションの販売代理店契約を締結

発表日 2018年07月30日

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、社長:長井 孝)と、米国の文書管理システムソフトウェア開発会社のHyland Software, Inc.(本社:米国オハイオ州クリーブランド、社長:ビル・プリマー、以下 ハイランド)は、このたびハイランド社が開発したECMソリューションソフトウェア「OnBase®」の取り扱いについて、販売代理店契約を締結したことをお知らせいたします。

昨今、各企業において積極的に取り組まれている「働き方改革」を進めるためには、企業における文書管理の在り方、紙文書の効率的な電子化、管理システムの導入が求められています。しかし、日々業務で発生する大量の紙文書を効率良く管理することが難しい点が課題となっています。また、企業内に蓄積された紙文書を含めたドキュメントデータを適切に管理し、効率的な業務を行うために、どのように見直すべきかという課題とともに、内部統制やコンプライアンス維持、危機対応といった企業経営の根幹を左右する課題も含まれています。

このような課題に対し、コンテンツ、プロセス、ケースを基幹システムや他の情報と統合させる単一のエンタープライズ情報プラットフォーム「OnBase®」を活用し、紙文書・データ・プロセスの管理、既存システムとの連携や、情報を必要とする人への即時アクセス、業務プロセスやシステムパフォーマンスの可視性の提供、また情報のセキュアな保存、保護、破棄を通じて実現するドキュメントにまつわる様々な課題解決を行います。さらに親和性が高い当社の複合機による効率の良い電子化作業を提供し、企業経営の効率を高め、お客様の業務生産性の改善や業務スタイルの改善に貢献いたします。

私たちは、ドキュメント機器の販売、保守に加え、ECMを含めたドキュメントサービスへ事業領域を拡大することで、お客様のドキュメントワークをより快適に、そしてお客様のビジネスの成功と成長に貢献するトータルドキュメントソリューションを提供してまいります。

  • ECM:Enterprise Content Managementの略。企業が保有するコンテンツを統合的に管理する仕組み。

OnBaseについて

OnBaseは、コンテンツ、プロセス、ケースを管理する単一の情報プラットフォームで、オンプレミス、モバイルまたはハイランドクラウドで展開できます。エンタープライズコンテンツ管理(ECM)、ケース管理、ビジネスプロセス管理(BPM)、記録管理およびキャプチャを単一のプラットフォームで管理することで、世界中の企業が柔軟かつ効率的な組織になるよう支援しています。

  • BPM:Business Process Managementの略。企業の全社的な業務の流れ(ビジネスプロセス)を把握・分析し、経営目標に従って継続的に改善・最適化していくこと。

onbase.png

ハイランド社について

ハイランド社は、米国オハイオ州ウェストレイクに本社を有し、コンテンツ・プロセス・ケースを管理するソフトウェアソリューションを、世界中の企業に提供するリーディングカンパニーです。25年以上にわたり、1万8,000社以上のデジタル化を支援し、業務を変革してきました。Fortune誌の「2017 Best Companies to Work For®」(働きがいのある会社)の1社に選定され、働きがいのある企業、取引・業務提携をしたい企業としても広く知られています。詳細はOnBase.comをご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 事業戦略本部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。