京セラドキュメントソリューションズ、大阪労働局長賞"優良賞"を受賞

発表日 2018年07月05日

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:伊奈 憲彦)は、大阪労働局がおこなう平成30年度「リスク"ゼロ"大阪推進大会 安全衛生表彰式」におきまして、健康確保対策(健康保持増進)企業と認められ、「大阪労働局長賞(優良賞)」を受賞しましたので、お知らせいたします。 

私たちは、企業活動において社員の活力を維持し創造性を増進させるため「安全で働きやすい職場の形成」を各事業所の目標に定め、企画部門の裁量労働制を廃止し、労働時間の徹底および労働時間の削減を労使が連携して推進しております。さらに、当該の取り組みに関しては、労働時間を社内ウェブサイト上で本人及び上司が閲覧できるように「見える化」をはかっています。 また、社員のスポーツ大会の後援や、食育を通じての健康確保対策、健保組合と協力してウェブサイト上で個人の健康状況を閲覧できる「見える化」にも取り組んでいます。平成30年5月にはドキュメント機器業界初となる「安全衛生優良企業」認定を取得する等、積極的な安全衛生管理活動に取り組んでいる点を評価いただき、今回の受賞となりました。

当社は、京セラグループの一員として、経営理念である「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」の考えのもと、企業の原動力となる全社員の安全と心身の健康を重要なテーマと捉え、幅広い取り組みにより社員に安全で働きやすい職場環境を提供し、継続的な健康増進活動を行っていくことにより、製品やサービスの向上に一層努めていきます。 

  • 2018年5月31日時点

yuryo_1.JPG

大阪労働局長 田畑一雄様より賞状を頂く総務本部 尾堂本部長(右)

yuryo_2.JPG表彰状

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 事業戦略本部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。