ニュースリリース > 2010年のニュースリリース > グローバルなソフトウエア開発強化の一環としてアジア地域に新会社設立

グローバルなソフトウエア開発強化の一環としてアジア地域に新会社設立

  ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

グローバルなソフトウエア開発強化の一環としてアジア地域に新会社設立
〜エプソングループから開発子会社の全株式を譲受け〜


発表日:2010年09月30日

京セラミタ株式会社(社長:駒口克己)は、エプソングループ傘下のソフト開発会社である、 エプソン ソフトウエア エンジニアリング フィリピン インク(社長:久保田司、フィリピン セブ市、以下ESEP社)の全株式を2010年10月末までに取得することについて、9月30日に合意に至りましたのでお知らせいたします。

全株式譲受け後の新会社名は、京セラミタ テクノロジー デベロップメント フィリピン インク (社長:藤原文彦)となる予定です。今回の子会社化により、京セラミタが有するプリンターや複合機の開発に必要となるソフトウエアの開発拠点は、大阪市にあるR&D センター、東京R&Dセンター、米国カリフォルニア州(2拠点)にあるKTD(京セラ テクノロジー デベロップメント インク)の5拠点となります。



■ソフトウエア開発会社設立の背景と狙い

この新会社設立は、市場拡大が期待される新興国市場に向けた新製品開発と成熟国で広がりを見せるMPS(マネージメント・プリント・サービス)ビジネスの展開に向けた事業戦略の一環です。日本、米国に続くアジア地域のソフトウエア開発拠点として、グローバルなソフトウエア開発体制の拡充を目的としています。今後のプリンターや複合機などの製品開発のみならず、販売のさらなる拡大にも重要な役割を担います。

今後は、2010年7月に香港に設立したアジア販売統括会社と密接に連携することで、直轄の7販売会社(中国、インド、韓国、シンガポール、香港、台湾、タイ)とその他の国々の独立系ディストリビューターに対して実施する販売支援やマーケティングサポートにおいて、アプリケーションなどの多様な顧客ニーズに対応したソフトウエア開発を迅速に行う体制が整い、今後の需要の拡大に対応します。


本件に関するお問い合せ先

お問い合せ先
報道機関の方

 
 
このページのトップへ
ニュースリリース > 2010年のニュースリリース > グローバルなソフトウエア開発強化の一環としてアジア地域に新会社設立