生物多様性の保全

生物多様性への配慮

生物の多様性がもたらすさまざまな恵みにより、私たちのいのちや暮らしは支えられています。これからも持続的にこれらの恵みを享受するためには、私たちの事業活動において生物多様性に与える影響を調査し、それらの負の原因を取り除いていかなければなりません。
当社は「共に生きる(LIVING TOGETHER)」をすべての企業活動の基本におき、2012年より生物多様性保全活動を環境マネジメントシステム(EMS:Environmental Management System)の活動に組み込み、本社、東京R&Dセンター、枚方工場、玉城工場の各事業所で「生物多様性リスク調査」を実施し、リスクがあれば当社のEMSのしくみの中で、改善策を検討し、計画的に改善を図る活動を推進しています。

生物多様性保全への取り組み

当社では、2016年度より、生物多様性保全の考え方を一歩進めた取り組みとして、「種の保全」の観点から、大阪府から「なにわの伝統野菜」に認定されている「玉造黒門越瓜」を本社敷地内で栽培をスタートさせ、それ以降もさまざまな「なにわの伝統野菜」の栽培に取り組んでおります。また社会貢献活動の一環としては、「琵琶湖での外来種駆除活動」および「三草山ゼフィルスの森保全活動」などの生物多様性保全活動にも取り組んでいます。

当社のこれらの生物多様性保全への取り組みについては、下記をご覧ください。

また当社では、グリーン調達活動に加え、サプライチェーン上の環境リスクを軽減するため、「京セラドキュメントソリューションズ サプライチェーンCSR推進ガイドブック」、「京セラドキュメントソリューションズ サプライチェーンCSR推進チェックシート」中の生物多様性保全に関わる項目を用いて、サプライヤー各社に対して生物多様性への配慮を促すとともに、生物多様性の保全に関する取組み状況を確認しています。
また、潜在的なリスクの改善に向け、要注意外来植物の駆除などを継続して実施しています。

京セラドキュメントソリューションズ
    サプライチェーンCSR推進ガイドブック 生物多様性保全項目

生物多様性に配慮した操業管理

事業活動において、生物多様性への直接的な影響を少なくするように配慮する

取水、排水、排気、廃棄物、騒音、振動、光など、操業に伴い生態系に直接的な影響を与える事項については、人の健康だけではなく、生物に対する影響に配慮し、環境マネジメントシステムに組み込むなどして適切に管理する。可能であれば、自主基準を設定して管理する。

生物多様性に配慮した原材料調達

生物多様性に配慮した原材料の調達につとめる

生物多様性に配慮した原材料とは、生物の生息地である森林や水辺(湿地、湖沼、河川などの自然生態系)を破壊したり、天然の生物資源を過剰に収穫することがないやり方で生産された原材料のことをいう。このような原材料を使用するためには、生産地にまで遡ってトレーサビリティを確保し、生産地において生態系に適切な配慮がされていることを確認する必要がある。第三者認証制度が整備されている原材料であれば、適切な認証制度を利用する方法も検討する。

原材料の生産の過程で生物多様性が破壊されていないことを認証する制度。代表的なものには、紙/木材についてのFSC (Forest Stewardship Council) 認証などがある。