会社案内 > CSR活動 > 環境報告 > 事業所における取り組み > 京セラドキュメントソリューションズグループの環境経営

京セラドキュメントソリューションズグループの環境経営

京セラグループは、創業以来、「敬天愛人」の社是のもと、「社会との共生」、「世界との共生」、そして「自然との共生」という3つの「共生(LIVING TOGETHER)」をすべての企業活動の基本に置き、エコロジー(環境性)とエコノミー(経済性)の両立を追求しながら持続的な発展をめざす「環境経営」にグループを挙げて取り組んでいます。京セラドキュメントソリューションズは環境マネジメントシステムの運用を通じ、「京セラグループ環境安全方針」に基づいた環境経営に取り組んでいます。

環境活動に関する方針

  1. 1法令およびその他事項の順守
  • 環境に関する法令、当社の同意した事項および自主基準を順守します。
  1. 2地球環境に貢献する商品の提供
  • 地球環境の改善に貢献する商品や、製品のライフサイクルを通して環境負荷を低減した商品の研究・開発および普及・拡大をはかります。
  1. 3持続可能な社会への貢献
  • バリューチェーン全体で温室効果ガス排出量を抑制し、脱炭素社会への実現に貢献します。
  • 環境負荷の少ない資源の調達、新規資源投入量や廃棄物排出量の最小化に努め、持続可能な資源の利用をはかります。
  • すべての工程における化学物質の適正管理により、環境汚染の防止に努めます。
  • 自然環境への負荷を極小化し、守り育てることにより、生物多様性保全を促進します。
  1. 4ステークホルダーコミュニケーションの実施
  • さまざまなステークホルダーとコミュニケーションをはかるとともに、社会貢献活動への参画・支援を行います。
  1. 5環境マネジメントシステムの運用
  • 事業活動にあたり、マネジメントシステムの運用を通じて、経営理念を基本とした環境に関する取り組みを積極的に推進し、環境パフォーマンスの継続的な改善を行います。

2019年度の取り組みと実績

当社グループは、世界のほとんどの事業所・工場において、ISO14001を認証取得し、大気および水質などの環境に関わる規制の順守、ならびに地球温暖化防止のための省エネルギーおよび省資源に努める環境保護活動を、グローバルに継続して行っています。

1. 2019年度 各拠点のCO2排出量※1

各拠点のCO2排出量

※1電力由来CO2排出量

● 各拠点の年度別CO2排出量合計

各拠点の年度別CO2排出量合計

2. 2019年度 各拠点の電気使用量・産業廃棄物排出量

3. グローバル統合 EMS※2環境保護活動実績(2019年度)

※2 EMS: 環境マネジメントシステム / 対象範囲は、本社・枚方工場・玉城工場・京セラドキュメントソリューションズジャパン大阪本社・中国石
  龍工場・ベトナム工場

環境目的 2019年度目標 2019年度実績
低炭素社会への貢献 温室効果ガス排出量原単位の削減〔kg-CO2/t〕
目標:2.0%削減(2018年度比)
原単位:トナー生産量
8.7%削減 高効率設備への更新により、電気使用量を削減
エネルギー使用量(原油換算量)原単位の削減〔kL/t〕
目標:2.0%削減(2018年度比)
原単位:トナー生産量
11.4%削減 高効率設備への更新により、電気使用量を削減
温室効果ガス排出量の削減〔t-CO2/t〕
目標:570t-CO2の削減
366t-CO2
削減
LED照明導入、変電所の力率改善 など
循環型社会への貢献 産業廃棄物排出量原単位の削減〔kg/t〕
目標:1.0%削減(2018年度比)
原単位:トナー生産量
0.1%増加 トナー開発実験の増加により、産業廃棄物排出量が増加
水使用量原単位の削減〔m³/t〕
目標:1.0%削減(2018年度比)
原単位:トナー生産量
12.8%削減 生産効率の改善により、設備冷却水を削減
生物多様性保全につながる活動の実施
9件実施 琵琶湖における外来種駆除活動、枚方市穂谷川におけるアドプトリバープログラム など

グローバル統合EMS 2020年度の環境目標

環境方針を基に、毎年目標を設定し、環境経営に取り組んでいます。

環境目的 2020年度目標
低炭素社会への貢献 エネルギー使用量(原油換算量)原単位の削減〔kL/t〕
目標:2.0%削減(2019年度比)
原単位:トナー生産量
温室効果ガス排出量の削減〔t-CO2
目標:671t-CO2の削減対策を実施
循環型社会への貢献 産業廃棄物排出量の削減対策の実施
目標:前年度原単位1%相当の削減対策の実施
水使用量の削減対策の実施
目標:前年度原単位1%相当の削減対策の実施
生物多様性に関する行動計画を立案し活動を実施する。
プラスチックの削減対策に関する行動計画を立案し活動を実施する。

また、2018年度より新たに、地球温暖化対策の国際的枠組みを定めたパリ協定の目標に基づき、2013年度を基準年として2030年度に、CO2排出量を30%削減するという長期目標を掲げ、目標達成に向けて省エネ設備の更新や再生可能エネルギーの活用を進めていきます。

● CO2排出量削減 長期目標

co2排出量削減
目標の対象範囲は、京セラドキュメントソリューションズ国内グループ(販売・サービス拠点除く)のみ。また、本目標では、電気使
  用に伴う温室効果ガスだけでなく、ガス使用に伴う温室効果ガスも対象範囲とする。

このページのトップへ

会社案内 > CSR活動 > 環境報告 > 事業所における取り組み > 京セラドキュメントソリューションズグループの環境経営