グループの経営理念

【社是】「敬天愛人」(常に公明正大 謙虚な心で 仕事にあたり 天を敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心)【経営理念】全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。【経営思想】社会との共生。世界との共生。自然との共生。共に生きる(LIVING TOGETHER)ことをすべての企業活動の基本に置き、豊かな調和をめざす。

京セラフィロソフィをベースにした企業経営

京セラドキュメントソリューションズの企業活動は、京セラグループの一員として経営理念を共有し、経営の原点である「京セラフィロソフィ」をベースにしています。
京セラフィロソフィは、京セラグループ創業者である稲盛和夫の実体験や経験に基づいた企業哲学であり、「人間として何が正しいか」を判断基準として、公明正大な経営、業務運営を行っていくことの重要性を説いています。
社員が、自ら積極的に京セラフィロソフィを理解し、企業人として高い良識のある行動を実践していくために、全社員に「京セラフィロソフィ手帳」「京セラ行動指針手帳」を配付して、社員がさまざまな機会でことあるごとに、この手帳を活用し京セラフィロソフィを学び実践することに努めています。
また、経営においては、京セラフィロソフィをベースとした「アメーバ経営」と「京セラ会計学」を両輪として経営の根幹としています。

京セラフィロソフィとは

京セラグループの経営理念は、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」です。私たちがめざす物心両面の幸福とは、経済的な安定を求めていくとともに、仕事の場での自己実現を通して、生きがいや働きがいといった人間としての心の豊かさを求めていくものです。
また、常に技術を磨き、次々にすばらしい製品を世に送り出していくことによって、科学技術の進歩に貢献するとともに会社として利益を上げ続け、多くの税金を納めることなどを通じて公共の福祉の増進に貢献していきたいと考えています。この経営理念を追求するための行動指針として、またすばらしい人生を送るための考え方として、私たちが日々実践に努めているものが京セラフィロソフィです。