京セラから 新しい環境配慮型 トナーが登場

京セラ新トナーが生み出す3つの価値

PDFダウンロード(1.16MB)
一覧でご覧いただけます

省エネ

薄膜シェル構造で低温定着を実現

独自の新製法で生み出された京セラの新トナー。
このトナーは、シャープメルトコアの表面を薄膜シェル層で覆ったコア/シェル構造を持っています。
これにより低温定着性と保存安定性の両立を実現し、省エネ性能が大幅に向上しました。

新トナーイメージ図

低温定着実現により省エネに貢献

複合機・プリンターは、トナーを紙に定着する工程で全消費電力のおよそ70%を消費します。
京セラの新トナーは、従来トナーと比較して30℃以上低い温度で定着が可能となり、
その結果、消費電力を従来機の半分に抑えることができました。

従来・新トナーの温度に対する
粘度変化
及び定着可能範囲比較

従来・新トナーの温度に対する粘度変化 及び定着可能範囲比較

従来・新トナーの消費電力比較

従来・新トナーの消費電力比較

エコロジー

新製法トナーの開発

京セラの新トナーは、当社独自の新規ケミカルプロセスにより薄膜シェル層を形成しています。
このプロセスは、有機溶剤を一切必要とせず、水の使用量が極めて少ないことが特徴です。
このように、生産過程からお客様の使用環境に至るまで、トータルで京セラは地球環境に貢献しています。

新トナー生産工程

新トナー生産工程

高画質

色域の拡大と均一トナー層形成による高画質化

トナー色材の見直しにより、特にシアン(青色)域での色再現性が向上しています。
均一なトナー層形成と併せ、鮮明でなめらかな画像表現を実現しました。

従来・新トナーの色再現領域の比較

従来・新トナーの色再現領域の比較

従来・新トナーの用紙上断面の
イメージ比較

均一トナー層による
なめらかな画像表現の実現

従来・新トナーの用紙上断面のイメージ比較

新トナーの色再現性となめらかな
画像表現

新トナーの色再現性となめらかな画像表現

青色領域の色再現性拡大

トーンジャンプを抑えたきれいなグラデーションの実現

新トナーの色再現性となめらかな画像表現