会社案内 > CSR活動 > 玉城工場 > 玉城工場概要

玉城工場

工場外観 写真

工場概要

工場 京セラドキュメントソリューションズ葛ハ城工場
住所 三重県度会郡玉城町野篠字又兵衛704-19
敷地総面積 101,511m²
建築延床面積 36,552m²
緑地総面積 20,642m²(緑化率:20.3%)
従業員数 305名(2017年3月末現在)
事業内容 消耗品(カラー・モノクロトナー)の製造
沿革
1972年   4月
サイバネット工業として発足
1982年 10月
京セラ株式会社 玉城工場に社名変更
1986年   6月
モノクロレーザープリンターF1010生産開始
1988年   8月
モノクロトナープラント稼働
1992年   4月
エコシスプリンターFS-1500A生産開始
1992年   7月
品質ISO9002国際規格を認証取得
1996年   3月
品質ISO9001国際規格を認証取得
1996年 10月
環境ISO14001国際規格を認証取得
2002年   4月
京セラミタ株式会社 玉城工場に社名変更
2003年   5月
第3工場モノクロトナープラント竣工
2006年 10月
労働安全OHSAS18001認証取得
2008年   3月
第4工場カラートナープラント竣工
2012年   4月
京セラドキュメントソリューションズ株式会社 玉城工場に社名変更
2014年   6月
第6工場カラートナープラント竣工
2017年   6月
第7工場トナーコンテナ充填ライン竣工

工場長ごあいさつ

工場長 植原 総一 写真
工場長 植原 総一

玉城工場は、各種トナー(複合機やプリンター用の粉末状のインク)の開発から生産までを担う、主力工場です。また複合機などの機器組立に用いる治工具の開発も行っており、「ものづくり技術」を継承するためのマザープラントとしても、その役割を担っている重要な拠点です。この重要な事業活動を永続的に発展させ続けるためには、地域社会との共生が、企業には求められています。工場の周辺は自然環境に恵まれており、住宅地、農作地にも隣接しています。そのため当工場は、特に環境保全と地域との共生、安全な職場の実現を最重要課題と認識して取り組んでいます。
環境保全に関しては、工場排水、騒音、粉塵などを対象に排出基準の管理を徹底しています。このような環境への取り組みについて、毎年、社会環境報告会を開催し、近隣住民の皆さま、地元の行政機関の皆さまに出席をいただいて、取り組みの内容を報告しています。
地域との[共生]につきましては、近隣4地区の区長さまと懇談会を開催し、意見交換を行いながら活動を推進しております。このほか継続して取り組んでいる地域公共施設の清掃活動や、毎年夏には夏祭りを開催し、多数の地域住民の皆さまに来場頂き、友好的な関係を築かせていただいています。