枚方工場

工場外観 写真

< 工場概要 >

工場
:京セラドキュメントソリューションズ竃方工場
住所
:大阪府枚方市津田北町1-38-12
敷地総面積
:46,017m2
建築延床面積
:61,277m2
緑地総面積
:7,271m2(緑化率:15.8%)
従業員数
:232名(2013年10月現在)
事業内容
:プリンター、複合機(米国連邦政府調達機器)、消耗品(カラートナー、モノクロトナー、感光ドラム)
  商品およびパーツの保管と配送
沿革
  • 1964年 10月 三田工業株式会社 枚方工場として設立
  • 1978年 11月 情報機器工場完成、コピスター電子複写機の増産体制
  • 1984年   7月 トナー工場完成、電子写真用トナーの生産開始
  • 1987年   5月 感光体ドラム工場完成、OPCドラムの生産開始
  • 2000年 10月 京セラミタ枚方株式会社 に社名変更
  • 2000年 11月 環境ISO14001国際規格を認証取得
  • 2002年   3月 品質ISO9001国際規格を認証取得
  • 2006年 10月 労働安全OHSAS18001認証取得
  • 2012年   4月 京セラドキュメントソリューションズ株式会社 枚方工場に社名変更

工場長ごあいさつ

工場長 筒井 英二 写真
工場長 筒井 英二

京セラグループの経営思想は、「社会との共生。世界との共生。自然との共生。共に生きる(LIVING TOGETHER)ことをすべての企業活動の基本に置き、豊かな調和をめざす」であります。

この経営思想の中には、「自然に対する畏敬の念を持って環境保護への貢献に努め、自然と共に生きる、地球に優しい企業でありたい」という強い思いが込められています。

都市近郊に位置する枚方工場の周辺には、穂谷川、探鳥地として有名な山田池、「モニタリングサイト1000※1」「日本の里100選※2」の中のひとつに選定された「穂谷地区の里山」があり、そして、近隣には保育園、小学校、中学校、高校と、まさに人と社会と自然が共生する、調和に満ちた絶好の環境で持続発展を目指した事業活動をしています。

当枚方工場は、枚方市津田のこの地に設立以来、来年で50周年を迎えます。生物多様性豊かな、この地の独自の自然環境保全の一翼を担うことで、より積極的に地域貢献活動を行っていきます。

※1:環境省による里地調査の重点調査地域

※2:朝日新聞社・(財)森林文化協会による選定

枚方工場環境方針

基本理念

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 枚方工場は、「敬天愛人」の社是のもと、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」を経営の理念とし、京セラグループの環境方針を受け、低炭素社会、循環型社会、自然共生社会の形成に向け、更に目的意識を高めて、環境保全、地域環境商品開発、省エネルギー・地球温暖化防止、省資源、廃棄物削減、化学物質の管理等の環境対策について総合的な取組みを行い、より積極的に地球環境保護に貢献する改善活動を行っていきます。

環境方針

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 枚方工場は、プリンター、複合機、ドラム、トナー等の製造を行っており、数多くの地球環境商品・サービスを提供しています。
このような事業を展開している当工場は、自然環境への影響にも十分に配慮し、今後も継続して、より一層の地球環境保護を推進していきます。

(C)2014 KYOCERA Document Solutions Inc.,KYOCERA Document Solutions Japan Inc.