モノクロA2複合機「TASKalfa 4012wシリーズ」を新発売

発表日 2017年12月07日

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(社長:薄田 敏行)は、京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:伊奈 憲彦)製のモノクロA2複合機「TASKalfa 4012wシリーズ」3機種を12月7日より発売します。

4012w.png

新製品TASKalfa 4012wシリーズは、2013年2月発売のTASKalfa 4001wシリーズの後継モデルです。従来モデルの基本性能を継承しながら、お客様の業務効率を改善する新規機能を搭載しています。
新製品は、直感的な操作が可能な10.1インチ大型操作パネルを新たに搭載し、ピンチやフリックなど自由な操作性を実現しました。また、異なる種類のファイルを一括出力できる「Web Printing Tool」機能を搭載。異なるフォーマットのファイルをまとめて出力する場合、書類はPDF、写真はJPEG、図面はPSなど、ファイルごとにアプリケーションを立ち上げる必要がなく、複合機上のみで操作が可能で、効率化が図れます。
更に、オプションでOCR拡張が可能になりました。スキャンした図面や関連書類から仕様の必要部分を検索するなど、目視で探していた従来に比べて大きく作業効率が改善されます。

本製品は、製造業、建設業、官庁自治体など、設計図面を中心としたワークフローだけでなく、事務用ドキュメントについても効率的な業務推進をサポートする、お客様の多様なニーズにお応えするA2複合機です。

製品名毎分出力速度(A4ヨコ)構成希望小売価格(税別)発売日国内販売台数
TASKalfa 4012w 40枚 550枚×2段+250枚×3段+50枚手差し+原稿送り装置+両面印刷+プリント+スキャン+赤現像+FAX+インナー1ビントレイ \2,750,000 2017年12月7日 200台/年
TASKalfa 4011w 550枚×2段+250枚×3段+50枚手差し+原稿送り装置+両面印刷+プリント+スキャン+赤現像 \2,540,000
TASKalfa 4010w 550枚×2段+250枚×3段+50枚手差し+原稿押さえ+両面印刷 \1,990,000
  • 上記価格は本体のみの価格であり、オプション、設置費用、保守料金等は価格に含まれておりません。
  • 赤現像は株式会社リコーの登録商標です。
  • ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点のものです。

「TASKalfa 4012wシリーズ」の特長

[1]視認性/操作性が進化した10.1インチ大型タッチパネル

10.1インチの大型パネルの搭載により、使いやすさが大きく向上しました。見やすい大きなアイコンと、スマートフォン感覚で直感的に操作することができどなたでもすぐに使えます。

5-4012w_re.jpg

[2]A2サイズの原稿をそのまま読み込める大型フルカラースキャナー

A2図面をそのままスキャンできます。更に赤ペンで加筆された図面や押印書類なども、カラーでその通りにスキャン。大判サイズの正確な情報共有が可能です。また、新たにオプション対応されたOCR機能により、一般文書はもちろん、図面中の部品番号などの検索が容易に行なえます。

4-4012w_re.jpg

[3]異なるファイル形式のデータを一括出力

Web Printing Tool機能により、ファイル形式の異なるデータをWebブラウザを利用して一括出力できます。ファイルごとにアプリケーションを立ち上げる必要がありません。

[4]赤ペン加筆原稿もそのまま出力できる赤黒2色出力

カラーペンで指示が書かれた図面や朱肉押印文書のスキャンを赤黒2色出力が可能です。設計やデザインで用いられるCAD以外にも、Microsoft Excel・Microsoft Word・Adobe PDFといったオフィス文書でも赤黒出力が可能です。

  • Microsoft Excel、Microsoft WordはMicrosoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • Adobe PDFはAdobe System Incorporated(アドビシステムズ社)およびその子会社の各国での商標もしくは登録商標です。

関連情報

製品のご購入に関するお問い合わせ

お電話でのご相談
電話番号 0570-046562(ナビダイヤル)

(ナビダイヤルをご利用になれない場合 050-3819-2591 迄)

受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:00

(土曜、日曜、祝日および当社指定休日は除く)

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 事業戦略本部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。