京セラドキュメントソリューションズの中国工場に、OPC感光体ドラムの全自動化工場を増設

発表日 2017年10月16日

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:伊奈 憲彦)は、複合機およびプリンター向けのOPC感光体ドラムの生産能力を増強するため中国工場の増設に着工いたしました。

京セラドキュメントソリューションズでは、製造子会社の京セラ弁公設備科技(東莞)有限公司(以下:中国工場)で、複合機およびプリンターの生産に加えて、OPC感光体ドラム(消耗品)の生産も行っています。世界140か国以上の国でビジネスを展開する当社は、複合機やプリンターのカラー機受注拡大に伴い、低中速機に搭載されるOPC感光体ドラムの生産の増強が急務であることから、生産能力確保のためOPC感光体ドラムの生産工場の増設を決定いたしました。

2018年5月下旬に予定している第2工場の稼働により、中国工場でのOPC感光体ドラムの生産能力を2020年には、現在の2.5倍以上に大幅に増強する予定です。
当社で生産しているOPC感光体ドラムは、一般的な多層構造の負帯電型OPCドラムと異なり、長寿命で高画質を維持できる独自開発のドラムです。このドラムは生産性が高い完全自動化ラインの導入により、ドラムの受注増加に効率的に対応した生産体制を整えます。また、高騰する人件費等に影響を受けにくい完全自動化ラインによる生産体制を構築することで、全世界のお客様に高い水準の品質を持つOPC感光体ドラムの安定供給を実現していきます。
さらに、ラインの稼働状況など工場内のさまざまな情報を見える化し、その中で収集したデータを自動的にフィードバックするなど、IoTを活用した取り組みを積極的に進めてまいります。

  • OPC感光体ドラム:Organic Photo Conductor(有機感光体)

新OPC感光体ドラム 第2工場の概要

名称 京セラ弁公設備科技(東莞)有限公司 OPC感光体ドラム第2工場
建設地 中国工場内
敷地面積 6,475m2 (約100x65m)
延べ床面積 10,830 m2 (鉄骨: 3階建て)
着工 2017年7月
量産開始 2018年5月下旬
生産品目 OPC感光体ドラム

中国工場全体の概要

工場 京セラ弁公設備科技(東莞)有限公司
住所 中国広東省東莞市石龍鎮方正東路3号
敷地総面積 147,600 m2
建築延べ床面積 246,543 m2
緑地総面積 30,945 m2 (緑化率:21.0%)
従業員数 5,685名 (2017年8月末現在)
生産品目 複合機、プリンター、感光体ドラムの生産
沿革

1999年6月  中国広州東莞市石龍鎮にて借工場でプリンター生産開始
2001年10月  東莞市石龍鎮にて自社石龍工場を建設 第1期工事完了
2001年12月  中国現地企業との合弁会社
      (中国名:京瓷美達弁公設備(東莞)有限公司)として発足
2003年5月  石龍工場第2期工事完了(OPC感光体ドラム生産開始)
2005年8月  石龍工場第3期工事完了(OPC感光体ドラム工場増設)
2012年4月  京セラドキュメントテクノロジー石龍工場
      (中国名:京瓷弁公設備科技(東莞)有限公司)へ社名変更
2018年5月  OPC感光体ドラム 第2工場完成予定

zentai.png

中国工場全景(右上点線部がOPC感光体ドラム 第2工場建設予定地)

sekiryu_kansei.jpg

OPC感光体ドラム 第2工場完成予想図

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 事業戦略本部 企業広報課

  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。