ニュースリリース > 2014年 > ドイツの「ブルーエンジェル大賞」を受賞しました

ニュースリリース

ドイツの「ブルーエンジェル大賞」を受賞しました

発表日:2014年12月8日

京セラドキュメントソリューションズは、去る11月28日にドイツのデュッセルドルフで開催されたドイツのサステナビリティー賞授賞式で、当社の現地法人である京セラドキュメントソリューションズドイツが2014年度「ブルーエンジェル大賞」を受賞したことをお知らせします。特に京セラのプリンター・複合機の環境改善に対する企業姿勢をブルーエンジェル審査会が高く評価したことが受賞の決定的要因となりました。
今回で第3回目となるブルーエンジェル大賞の発表と表彰式ではドイツ連邦環境庁(UBA)のマリア・クラウツベルガ―長官から京セラドキュメントソリューションズドイツ社長のラインホルト・シュリアカンプ氏にブルーエンジェル大賞のトロフィーが授与されました。

  • Blue Angel Award 2014
  • (左より)京セラドキュメントソリューションズドイツ マーケティング部門責任者 ウヴェ・ゲッツェ,
    同社長ラインホルト・シュリアカンプ,
    同環境・製品安全部門スペシャリスト ダニエラ・マチジアク,
    同環境・製品安全責任者 デトレフ・ハーブ

当社のパイオニア的役割が称賛される

受賞セレモニーのスピーチでクラウツベルガ―長官は、環境保全及び健康に対する配慮についての京セラの姿勢を称賛し、「京セラの環境への取り組みと変革は、その分野でのパイオニアであると言えます。京セラの多くの製品は高い環境基準を満たしており、ブルーエンジェルの品質基準にも貢献しています。」と述べました。

京セラ製品は1997年からブルーエンジェルに対応しています

当社のプリンターは1997年にページプリンターとして業界で初めてブルーエンジェルを取得し、現在およそ50の製品が当ラベルの認定(RAL-UZ 171)を受けています。
プリンターや複合機がブルーエンジェルを取得するためには、100を超える環境基準や安全基準を満たすとともに、環境にやさしい材料を使用していることや電力消費量が少ないこと、リサイクルに適した設計であることが要求されます。またブルーエンジェルは印刷中に排出される微粒子や超微粒子にも厳しい要求事項を課しています。

「ブルーエンジェル大賞を受賞できたことは我々の誇りです。」と17年間当規格の申請プロセスを担当してきた京セラドキュメントソリューションズドイツの環境・製品安全部門責任者のデトレフ・ハーブ氏は言います。同氏はまた、「厳しい基準を持つブルーエンジェル大賞受賞により、我々の製品が高品質であることを広く世の中の人々に知っていただく事ができます。我々の企業哲学において環境保護は不可欠の要素であり、我々は常に環境への適合性の観点から製品を開発し続けています。」と述べています。

ブルーエンジェル大賞の詳細についてはドイツサステナビリティー賞のサイト(ドイツ語)もしくはブルーエンジェル大賞のサイト(ドイツ語)をご覧ください。


本件に関するお問い合せ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 企業広報部 TEL:06-6764-3515



このページに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
お問い合せ先
報道機関の方

このページのトップへ

ニュースリリース > 2014年 > ドイツの「ブルーエンジェル大賞」を受賞しました