会社案内 > CSR活動 > 環境報告 > 原材料・部品調達段階での取り組み > 製品含有化学物質の管理

製品含有化学物質の管理

京セラドキュメントソリューションズは製品を販売する世界各国の環境法規制に対応するため、2003年に制定した「化学物質管理基準」に従い日々納入される部品の品質管理を徹底し、サプライチェーン全体にわたる化学物質管理体制を構築しています。

製品に含有する化学物質の管理

法令で禁止されている物質を含まない製品をつくるためには、製造工程で使用する部品・材料・副資材のすべてにおいて禁止物質が含有されていないことが必須条件です。当社はすべての部品・材料・副資材について含有化学物質調査を行うとともに、各工場に蛍光X線分析装置を設置して、EUのRoHS指令などで使用を制限された有害物質が含有されていないことを確認しています。 お取引先さまに対しては、禁止物質を含有しない化学物質管理体制が構築されているかを監査し、その結果、認証が得られたお取引先さまからのみ部品・材料・副資材を調達しています。

RoHS指令使用禁止物質:EU(欧州連合)は2006年7月以降、次の6物質を含む電気・電子機器の販売を原則禁止しました。
(1)鉛、(2)水銀、(3)カドミウム、(4)六価クロム、(5)ポリ臭化ビフェニール(PBB)、(6)ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

● 京セラドキュメントソリューションズ 製品含有化学物質管理の取り組み

京セラドキュメントソリューションズ 製品含有化学物質管理の取り組み 図

化学物質管理データベース

システムを一新し2015年5月より運用を開始しました。新化学物質管理システムはKDGPS(Kyocera Document Solutions Green Procurement System)と名付け、業界標準のJAMP(アーティクルマネジメント推進協議会)の化学物質調査フォーマットであるAIS、MSDSplusに対応しています。調査依頼、調査回答はWebで行い、当社とお取引先さまの状況が双方で確認できるようになり、お取引先さまの負担軽減になるよう努めました。また、REACHの認可候補物質(SVHC)の追加や製品中の含有量計算などにも対応できるシステムとなっており、今まで以上に確実で迅速な化学物質管理ができる体制となりました。

● 化学物質管理データベース

化学物質管理データベース 図

製品の含有化学物質の調査

当社は、製品に関する各国の化学物質関連法令や環境マークに適合するため、2003年12月に「化学物質管理基準」を制定しました。
また各国の化学物質関連法令の制定、改正などに伴い、その都度「化学物質管理基準」も改訂しており、EU REACH規制のSVHC追加物質やEU RoHS指令の適用除外項目の変更なども盛り込んでいます。

SVHC:EU(欧州連合)のREACH規則(化学物質の総合的な登録、評価、認可、制限の制度:Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals)で付属書]W(認可対象物質)の候補となる、発がん性、生殖毒性など、人体への有害性懸念が高い物質。

お取引先さまへの監査

化学物質管理を確実に実施するため、当社では新規にお取引を開始するに当たり、化学物質管理に関する監査の実施を徹底しています。原則として、この監査に合格し認証を取得したお取引先さまとのみ取引を行うことをルールとしています。
また、認証を完了しているお取引先さまに対し、毎年、「化学物質管理自己評価用チェックシート」(以下、「自己評価チェックシート」)を配布し、お取引先さまにおける日常の維持管理について、ご自身で評価頂くこととしています。評価結果は当社で内容を審査し、化学物質管理に関する運用が確実にできているかの確認を行います。