トップコミットメント

お客さまそれぞれに最適なドキュメントソリューションを提供してまいります 代表取締役社長 伊奈 憲彦

私たちをとりまく情報化社会は、モバイル情報機器やクラウドコンピューティングなどの普及で進化発展を遂げています。ドキュメント業務においても場所や時間に関係なく行いたいというニーズが高まっており、ドキュメント機器に対するニーズも多様化しています。私たちが果たすべき役割は、お客さまの求められるドキュメント環境の課題に対して最適なソリューションをスピーディーに提供し続けることにあると考えております。

お客さまのビジネスに新しい価値をもたらし、信頼される企業を目指します

私たちは、長年培ってきた長寿命技術を搭載した環境にやさしい複合機・プリンターと豊富なソフトウェア技術によって、お客さまのドキュメントワークに環境性と経済性という価値を提供するため、世界30余国に直轄の販売拠点を持ち140カ国以上で事業活動を展開しています。
近年は、機器の販売と保守のみならずソリューションサービスのビジネスも積極的に展開しています。そうした中、いかにしてビジネスの生産性向上とコスト削減を両立させるかは、多くのお客さまが抱える大きな課題であると感じています。私たちは、これまでにグローバル市場で培った豊富な経験とノウハウを活かし、お客さまのドキュメント環境を調査・分析し、最適な機器配置のご提案、構築、運用管理、導入後の最適化を継続させる、マネージド ドキュメント サービス(MDS)を提供しています。これにより、紙やトナーの使用量削減だけでなく、機器管理にかかる時間の低減と業務効率の改善といった効果をもたらします。
これからもドキュメントワークの課題解決能力を高め、お客さまのパートナーとして信頼される企業を目指してまいります。

《共に生きる》グローバルでCSR活動を推進します

私たちは、京セラグループの一員として、「社会との共生・世界との共生・自然との共生。共に生きる(LIVING TOGETHER)」をすべての企業活動の基本に置き、人と社会と共に歩む企業グループであり続けたいと願い活動を展開しています。
例えば、中国では公立の中等専門学校に「京セラクラス」を開設し、職業訓練だけではなく、社会に貢献する社会人の育成を目的に、社会人としての心構えを学生たちに教えています。また、ベトナム工場には製造機能に加え研究開発機能を備え、現地で技術者を目指して集まってくる若者たちに、製品開発に必要な高い技術スキルを提供しています。私たちはその国の将来を担う若者たちに希望をあたえ、夢の実現に向けて彼らと共に取り組むことがその国、地域の発展につながると信じています。
このように、それぞれの国や地域で育まれてきた歴史・文化・慣習・法令などを尊重しつつ、企業活動を通してその国、その地域の発展に寄与する、<共に生きる>ことが、社会の公器としての企業のあり方であると私たちは考えています。
そのことを実現するためにも、透明性の高い経営、公明正大な企業活動の徹底はもちろんのこと、地域社会、従業員と一体となって社会貢献に取り組み、よりいっそうCSR活動の充実・推進に努めてまいります。

CSR活動の報告を通じて、京セラドキュメントソリューションズの活動にご理解をいただきますようお願い申し上げます。